​ ​ Webマーケティングのスキルを独学で身につけたい人におすすめの7つの方法 | テクロ株式会社
お問い合わせ 資料請求

Webマーケティングのスキルを独学で身につけたい人におすすめの7つの方法

「Webマーケティングは独学で身につけられるのか」
「Webマーケティングの勉強方法を知りたい」

とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

インターネットの発展により、現代ではWebを活用したビジネスが主流です。

商品やサービスをより多くのユーザーに届けるためにも、Webマーケティングの考え方や知識は必須のスキルと言えます。

本記事では

  • Webマーケティングに必要なスキル
  • Webマーケティングを独学で学ぶ方法
  • Webマーケティングを学べるスクール

について紹介します。

Webマーケティングを何から学べばいいのか分からない・独学でも習得できるのかが不安とお悩みの場合、ぜひご一読ください。

Webマーケティングについて、より詳細を知りたい方はこちらの記事もご確認ください。
>>Webマーケティングとは?基本の知識、施策の方法を詳しく解説

cta banner ダウンロードはこちら

Webマーケティングに必要なスキル5つ

Webマーケティングにおいて、必要なスキル5つについて解説します。

スキル1.データを分析する能力

Webマーケティングに必要なスキルとして、データ分析が挙げられます。

  • Webサイトへのアクセス数
  • 商品の購入数
  • 顧客ニーズ
  • 広告・メールマガジンの効果

データの収集・分析を実施し、今後の施策や目標の方向性を定めましょう。

計測のためのツールはさまざまな種類がありますが、独学で始める場合には、メジャーかつ無料で利用できるGoogleアナリティクスから始めるのがおすすめです。

スキル2.Webサイト構築の知識

Webサイト・サービスの制作や改善には、Webサイト構築に関する知識を身につけておくことも重要です。

Webサイト構築スキルは主に

  • HTML・CSS・JavaScript・PHPを始めとするプログラミング知識
  • サイトやオウンドメディアを作成するWordPressの知識
  • PhotoshopやIllustratorを始めとするデザインツールの知識

の3種類に分類できます。

Webディレクターが上記のスキルを把握することで、プログラマーやデザイナーへの指示出しもスムーズになり、チームでの制作進行におけるトラブル発生率を下げられるでしょう。

スキル3.SEOに関する知識

Webマーケティングにおいて、欠かせないスキルの一つとして「SEO知識」も挙げられます。

SEOとは、ユーザーが特定のキーワードで検索した際に、検索結果の上位に自身が携わったサイトを上位表示させる手法を指します。

サイトの専門性・権威性・信頼性に影響される検索順位は、上位表示することができれば比例して訪問者数やPV数を増やすことが可能です。

自社商品・サービスがデジタルではない企業も、近年ではオンラインマーケティングに力を入れ始めているケースも見られます。

近年さまざまな業種・業界で注目されているSEO知識を身に付けることで、転職や独立を有利に進めていくことも期待できます。

スキル4.広告に関係する知識

Webマーケターを目指すのであれば、

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告

を始めとするWeb広告の知識や運用スキルも必要です。

さらに広告媒体によっては、ひんぱんにレギュレーションや仕様がアップデートされるため、常に自身でアンテナを張り最新の情報を収集することも求められます。

Web広告には専門用語や独自のツールも多いため、独学で学ぶのであれば用語の意味やツールの種類から覚えるところから始めましょう。

スキル5.コミュニケーション能力

Web制作・運用においてはチームでの業務進行が主であり、デザイナーやプログラマー・営業担当とのスケジュール調整ややり取りが重要です。

特にクライアントとのやり取りでは、相手の要望をそのまま叶えるのではなく、さらにより良い提案や結果を出すことが求められます。

そのためにも丁寧にヒアリングを実施し、クライアントの「根底にある真の望みや目的」をくみ取ることが大切です。

近年のWeb業界はリモート勤務も増えてきており、メールやチャットツールを使った文章でのコミュニケーションも必須スキルとなりつつあります。

相手の顔が見えないコミュニケーションだからこそ、想像力や思いやりを持った対応を心がけましょう。

Webマーケティングを独学で学ぶ7つの方法

Webマーケティングを独学で学ぶ7つの方法

Webマーケティングを独学で学ぶ方法にはさまざまな方法があります。

それぞれの学習方法の特徴やメリット・デメリットについて紹介していくので、自分に合いそうな学習方法をチェックしてみてください。

方法1. 本で学ぶ

Webマーケティングを、独学で身につける定番の方法が「本で学ぶ」方法です。

スマートフォンやタブレットの登場によってインターネットが一般的なものになってきたこともあり、Webマーケティングの需要は年々高まってきています。

そしてその流れに乗るように、Webマーケティングをテーマにした本もさまざまなものが出版されるようになってきました。

現在発売されているWebマーケティング関連の本は、初心者向けのライトな内容のものや、より深く学べる中身の濃い本、Webマーケティングの中でもある分野に特化した本などさまざまです。

大手通販サイトのAmazonで「Webマーケティング」と入力して検索した場合、1,000冊以上の本がヒットするため「本の種類が少なくて困る」ことはまずないでしょう。

本を読んだ後は、知識をそのままにせず、ノートなどにまとめると学習効果が高まります。

本で学ぶメリット・デメリット

Webマーケティングを本で学ぶメリットは、

  • 気軽に学び始められる
  • 体系的に学べる
  • 情報がまとまっていて学びやすい

といったものが挙げられます。

本を出版する場合、何度も推敲が入って読みやすくまとめられているので、スムーズに学べます。

デメリットは、

  • Webマーケティング関連の本は価格が高い
  • 本によって内容の濃さが大きく異なる

といったものが挙げられます。

価格が高いと言っても2,000円ほどですが、本格的に学ぶために数冊購入するとなると結構な出費になるでしょう。

また、本によって掲載されている内容や情報が全然違うため、どの本を選ぶかで身につけられる知識やスキルが大きく異なってくる側面もあります。

Webマーケティングを本で学びたい方は、以下のページも参考にしてみてください。
>>【レベル別】Webマーケティングを学べるおすすめの本30選

方法2. 動画で学ぶ

Webマーケティングを学ぶ最新の方法が「動画で学ぶ」です。

この方法では主に、無料の動画配信サービスであるYouTubeに公開されている動画で、Webマーケティングを学んでいきます。

YouTubeにはさまざまなジャンルの動画がアップされていますが、最近はHow To系の動画が人気を集めており、Webマーケティングも例外ではありません。

それらの動画の中には、Webマーケティングに関する本を出版している著名な方の動画もあり、かなり専門的なところまで学んでいけます。

動画で学ぶメリット・デメリット

YouTubeでWebマーケティングを学ぶメリットは、

  • 完全に無料で学べる
  • 耳と目から情報をキャッチできるためわかりやすい
  • ながら学習できる
  • より専門的なところまで学べる

といったものが挙げられます。

動画にもよりますが、YouTubeにアップされているWebマーケティング系の動画の中には、テロップなどで要点がまとめられており、学校で授業を受けているような感覚で学んでいけます。

また、How To系の動画はラジオのように聞き流しながらでも学べる特徴があり、通勤中のながら学習にも最適です。

デメリットは、

  • 機器のスペックによってはスムーズに再生できない
  • 有料のコンテンツに誘導しようとする動画が多い

などです。

再生する機器のスペックが低ければ、動画が途中でストップしてしまい、スムーズに学習できません。

さらにYouTubeの再生には、データ通信が必要です。

スマホの上限まで達してしまうと、屋外で動画再生できないこともあります。

マーケティングに関する動画という特性上、オンラインサロンや情報商材の購入など有料のコンテンツに誘導しようとするチャンネルは少なくありません。

誘導された場合は、本当に必要なコンテンツなのか、よく考えてから購入しましょう。

方法3. 無料のオンライン学習サービスで学ぶ

Webマーケティングは、無料のオンライン学習サービスで学ぶことも可能です。

オンライン学習サービスと言えば有料のイメージが強いかもしれませんが、無料で学べるものも少なくありません。

無料のサービスを活用すれば、お金をかけずにWebマーケティングを体系的に学べます。

無料のオンライン学習サービスで学ぶメリット・デメリット

無料のオンライン学習サービスでWebマーケティングを学ぶメリットは、

  • 完全に無料で学べる
  • 体系的に学べる

といったものが挙げられます。

オンライン学習サービスは、基礎的な部分から徐々にレベルアップして学んでいけるようカリキュラムが組まれているため、何から学べばいいかを考える必要がありません。

用意されたカリキュラムの順番通りに、学習すればいいだけです。

Webマーケティング未経験の方にとっては、始めやすい勉強方法の1つです。

デメリットは、学習素材自体が充実していないことが挙げられます。

オンライン学習サービス自体はデメリットの少ない学習方法なのでおすすめできますが、正直なところ、まだまだ学習素材自体が充実していません。

Webマーケティングを無料で学べるオンライン学習サービスは数えるほどしかないため、特定の分野について学びたい方や、より深く学んでいきたい方にとっては不向きな学習方法と言えます。

方法4. 有料のオンライン学習サービスで学ぶ

Webマーケティングについて学べる学習サービスには、有料のものもあります。

オンライン学習サービスでWebマーケティングについて学んでいく場合は、費用が発生しますが、その分質の高いものがほとんどです。

有料のオンライン学習サービスで学ぶメリット・デメリット

有料のオンライン学習サービスでWebマーケティングを学ぶメリットは、

  • 教材の質が高い
  • 教材が充実している
  • 体系的に学べる

などが挙げられます。

無料のオンライン学習サービスのメリットとほぼ変わりありませんが、有料のオンライン学習サービスの方がより教材が充実しています。

特定の分野に関する教材も用意されており「まずは基本を学び、その後でより深く知りたい分野について突き詰めていく」学び方が可能です。

デメリットは、

  • 学ぶのにお金がかかる
  • 教材によってはかなり高額になってしまう

などです。

Webマーケティングは専門的な知識で、教材の中には数万円以上するものもあります。

もちろん、必ずしもそういった教材を選ぶ必要はありません。

ただし、特定の分野に特化した教材は価格の高いものが多いため、分野を絞って有料のオンライン学習サービスで学んでいきたい場合は、相応の費用がかかると考えておいた方がいいでしょう。

方法5. サイトを運営してみる

一番実践的な勉強方法は、自身でサイトを運営してみることです。

WordPressを使えば無料で開設でき、多くの企業が利用しているため、実践に近い方法で学んでいけます。

自分でメディアやブログを運営してみることで、コンテンツの作成・分析・改善を経験できます

サイト運営で学ぶメリット・デメリット

自身でサイトを運営しながらWebマーケティングを学ぶメリットは、以下です。

  • 実践的に学べる
  • WordPressが使えるようになる
  • 問題解決力を養える

サイトは、運営していくうちにさまざまなトラブルや問題に直面します。

ラブルに対して、自身で仮説を立てて試してみる「トライアンドエラー」で実践スキルや問題解決力を高められるでしょう。

デメリットは、

  • 答えを見つけるのに時間が掛かる
  • はじめての場合サイトの開設に時間が掛かる
  • 効果が出るまで時間がかかる

などが挙げられます。

とはいえ、今ではWebマーケティングに関する情報はインターネット上にたくさん散らばっています。

他の独学の方法である本や動画で学びながら、サイト運営をしていくことで、より短期間で効率よく学べるでしょう。

方法6. ネットの情報を参考に学ぶ

Webマーケティングについてお金をかけずに、自分のペースで学びたい場合は、ネットの情報を参考にしてみましょう。

最近はオウンドメディアが流行っていることもあって、企業が展開しているWebマーケティングをテーマにしたメディアがたくさんあり、個人が運営しているメディアもあります。

本やオンライン学習サービスの教材以上に、濃い情報を発信しているメディアもあるほどです。

ネットの情報を参考に勉強するメリット・デメリット

ネットの情報を参考にして、Webマーケティングを学ぶ方法のメリットは、

  • 最新の情報を得られる
  • 有名な企業の事例やデータなどを参考にできる

といったものが挙げられます。

Webマーケティングで有名な企業のメディアで学んでいけば、実群レベルの知識とスキルを身につけることも可能です。

また、その企業の実例や貴重なデータを参考にしながら学んでいけるのは、かなり貴重だと言えます。

デメリットは、

  • 体系的に学ぶことができない
  • 解決まで時間がかかる
  • 信頼できる情報かどうかを見極める必要がある

などが挙げられます。

ネットの情報は本のようにまとめられていないので、どういった順番で学んでいくかを自分で決めていかなくてはいけません。

学んでいく順番が正しくないと、登場する言葉の意味がわからず学習がストップしてしまうこともあります。

また初心者の場合、情報が合っているかは判断つきません。

ある程度Webマーケティングを理解し、情報の真偽が判断できるようになってから活用しましょう。

方法7. 資格を取得する

資格の取得をしながら、Webマーケティングを学んでいく方法もあります。

Webマーケティングの知識を得ながら、転職に有利になる資格がもらえるため、Web業界で働きたい方におすすめの方法です。

資格を取得するメリット・デメリット

資格の取得で得られるメリットは、

  • 自分に自信が付く
  • 有利な資格が取れればアピール材料になる
  • 目標ができるので挫折しにくい

といったものが挙げられます。

Webマーケティング関係の資格を取ることで、自分に自信が持てます。

さらに転職に有利なものであれば、企業に努力を認めてもらいやすくなるでしょう。

ただし資格はたくさんあっても、認められるのは一部のものだけです。

資格取得の目標があれば、マーケターの勉強も挫折しにくくなります。

デメリットは、

  • 費用がかかる
  • 分からないことは自分で解決する必要がある

といったものが挙げられます。

受験をするためには、受験料が5,000〜10,000円程度かかります。

また分からないことは、基本的に自分で解決しなければいけません。

すぐに聞ける人が周りにいないため、学習サービスと比べると時間がかかってしまうでしょう。

Webマーケティングのスキルを独学で身につけるのに重要な3つのポイント

Webマーケティングのスキルを独学で身につけるのに重要な3つのポイント

Webマーケティングを独学で身につけるために学んでいく場合、いくつか知っておいてほしいポイントがあります。

ここからは、中でも特に重要な3つのポイントについて紹介していきます。

ポイント1. インプットよりもアウトプットの方が重要

Webマーケティングは専門性が高いのでついついインプットを重視してしまいがちですが、できるだ早く知識とスキルを身につけたいのであれば、アウトプットの割合を多くするべきです。

なぜなら、インプットよりもアウトプットに時間を割く方が、より効率的に学んでいけるというデータがあるからです。

コロンビア大学の実験では、インプットよりもアウトプットの割合を増やしたグループの方が、テストで高得点を取ったというデータがあります。

インプットとアウトプットの割合は3:7になるのが理想的だとされているので、アウトプットをメインに学習していきましょう。

ポイント2. 常にあらゆるデータを取っておく

Webマーケティングは、データありきのマーケティング方法です。

分析や改善策を考えていく際に、データが必要で自分の仮説が正しかったのか、あるいは間違っていたのかを確かめるときにも欠かせません。

そのため、常にデータを取る癖をつけるようにしてください。

展開していくWebメディアやブログに分析ツールを導入するのはもちろん、SEOのランクチェックツールを導入して、日々の検索順位の変化をチェックするようにしましょう。

また、何かしらのテストや改善を実施した場合は、テストや改善によってもたらされた変化の記録も必要です。

蓄積したデータはWebマーケティングに取り組んでいく上で大きな財産になるので、記録はこまめに実施しましょう。

ポイント3. 改善はデータありきで

Webマーケティングには、改善を繰り返しながら精度を高めていけるという魅力的なメリットがあります。

ただしその改善は、データありきで実施していかなくてはなりません。

データを参考にせず感覚的に改善すると、仮に改善が上手くいったとしても何が要因となって数値が変化したのかハッキリできません。

そうなると再現性が得られず、いつまで経ってもWebマーケティングのスキルが身についていかないため、分析や改善は必ずデータを基準に実施しましょう。

Webマーケティングを独学で学び個人で稼ぐことはできる?

Webマーケティングを独学で学んで、個人でも稼いでいくことはできるのでしょうか?

本項では、その疑問について解説します。

独学から個人で稼いでいくことはできる

Webマーケティングを独学で学び、個人で稼いでいくことは可能です。

副業やフリーランスなど個人で仕事を取る方法もさまざまあり、実際に学生や社会人でWebマーケターとして働いている方も大勢います。

会社と異なる点は、

  • クライアントへの営業や交渉
  • スケジュール管理
  • 事務作業

を始めとする、Webマーケティングとは関係のない業務も自身で担当しなくてはならない点です。

また仕事でミスがあった際にも自分1人で対応しなくてはならず、他者に頼るのが難しい課題もあります。

上記で解説した課題はありますが、基本的に独学でWebマーケティングスキルの習得と仕事の獲得は可能であり、一度も会社でWebマーケターマーケター職に就かずフリーランスとして活躍している人も多く見られます。

未経験枠での転職もできる

さらに実務経験がなくともWebマーケターとして、未経験枠で転職することも可能です。

Web業界は近年発展を続けており、Webマーケターも人手不足で人材確保に悩んでいる会社も少なくありません。

業界の事情もあり未経験でも採用している会社も多く、入社してから社内で教育して実務を任せるケースもあります。

特に20代であれば、年齢を武器としてやる気やポテンシャルで採用されることもあり、転職を考えている若い世代の方は、早めに行動に移すことをおすすめします。

転職活動を実施する前にWebマーケティングスキルを学んでおくことで、書類審査の通過率アップや面接でのアピール材料にもなるため、未経験枠での就活であっても独学で学習を進めておきましょう。

効率的にWebマーケティングを学びたいならスクールで学ぶのもアリ

効率的にWebマーケティングを学びたいならスクールで学ぶのもアリ

効率的にWebマーケティングを学んでいきたいのであれば、スクールで学ぶのもおすすめです。

近年ではニーズの向上から、Webマーケティングを学べるスクールも増えています。

  • Webマーケティングを独学で学ぶのは難しい
  • 最短でWebマーケティングの知識を身につけたい

と考えている方は、Webスクールの利用もぜひ検討してみてください。

料金プラン 特徴
Wannabe Academy 授業料:26.4万円(税込)
+
入学金:6.6万円(税込)
  • 実務経験が積めるカリキュラム
  • マンツーマンの補講を回数無制限で受講可能
デジプロ 通学プラン:330,000円(税込)
オンラインプラン:385,000円(税込)
+
入会金:33,000円(税込)
  • 教室とオンラインの好きなプランを選べる
  • 一人ひとりにパーソナルトレーナーが着く
TechAcademy WEBマーケティングコース 4週間プラン:174,900円〜
  • パーソナルメンター制度を導入
  • 短期間でWeb広告のプランニングと運用を学べる
マケキャンbyDMM.com 転職コース:657,800円(税込)
学習コース:385,000円(税込)
+
入会金:33,000円(税込)
※転職コースのみ
  • 高い転職率を誇るサービス
  • 実践的な未経験特化型カリキュラム
WEBMARKS フリーランスマーケター養成コース:548,000円(税込)
就職コース:548,000円(税込)
就職+フリーランス両取りコース:548,000円(税込)
  • 案件獲得&SEOに特化したカリキュラム
  • 目的に合わせて複数コースから選択が可能

本項では上記のスクール5社を紹介します。

1.実務経験が積める「Wannabe Academy」

引用元:Wannabe Academy

Wannabe Academy」は、カリキュラムの中で実務経験が積める点が特徴のスクールです。

戦略立案やプレゼンスキルの授業も展開しており、実際にWebマーケターに就いた際にも役立つスキルを見つけられます。

実際の企業の案件を題材にした企画提案・広告運用も可能なため、就活の際に実務経験があることをアピールできるなど、他の方と差別化できることもメリットです。

  • マンツーマンの補講を回数無制限で受講できる
  • 書類や面接の添削・対策にも対応

と、サポート体制が整っているサービスです。

2.現場で使える技術を学べる「デジプロ」

引用元:デジプロ

デジプロ」は第一線で活躍しているWebマーケターが、受講者に合わせたレベルで直接講義をしてくれる点が特徴です。

受講期間中は講師にいつでも質問が可能であり、Webマーケティングを学ぶ上で発生する疑問や不安についても、専門知識のある人間に相談できるメリットがあります。

  • リスティング広告
  • Google広告
  • データ分析

とWeb広告で使われるプロダクトも、動画で自分の好きな時に学べるため、広告の基礎知識がない方でも自分のペースでレッスンを受けられます。

3.疑問をすぐに解決できる環境が整っている「TechAcademy WEBマーケティングコース」

引用元:TechAcademy WEBマーケティングコース

TechAcademy WEBマーケティングコース」は、受講者のレベルに合わせたトレーニングメニューの設定ができるスクールです。

  • パーソナルメンター制度
  • 週2回のメンタリング
  • チャット・レビューサポート

と、独学ではつまづいてしまう疑問や問題に対しても、すぐに解決できる動線が整えられており、1人では学習が続かない方にもおすすめなサービスです。

4週間・8週間・12週間・16週間と4種類のプランが用意されており、

  • 多忙で学ぶ時間が取れない方
  • 短期間で集中して学習したい方

であっても、自身のライフスタイルに合わせたスケジュールで受講できる点が特徴です。

4.転職成功率98%「マケキャンbyDMM.com」

引用元:マケキャンbyDMM.com

マケキャンbyDMM.com」は転職成功率98%を誇る、Webマーケター養成スクールです。

実務に基づいたカリキュラムが組まれており、未経験の方でも3ヶ月でWebマーケティングの基礎から応用までを、幅広くオンラインで学習できる点が特徴です。

  • 動画コンテンツを活用した授業
  • 実践的なワークを主体にした授業

を組み合わせたハイブリッド学習方式で、短期間でも実務で活用できるスキル・ノウハウを習得できます。

働きながらでも受講できるスタイルで「今の職場を退職してスクールに通うのはリスクが高い」と、感じている方でも通いやすいメリットがあります。

5.SEOに特化している「WEBMARKS」

引用元:WEBMARKS

WEBMARKS」は、SEO知識に特化したWebマーケティングのスクールです。

通常の

  • 就職コース
  • フリーランス養成コース

の他、フリーランス・企業就職どちらも並行して学びたい方のために、両方のカリキュラムを含めた「就職+フリーランス両取りコース」の用意がある点も特徴です。

スクールを卒業後もクライアントとの営業・交渉・案件の進め方を相談できる、Webマーケティング相談会を定期的に開催しており、卒業生であれば無料で参加できるメリットがあります。

卒業生同士の交流会も開催されており、そこで新しい案件や新規顧客を獲得できる可能性があります。

  • 30歳以下の方
  • 友人・知人を誘って入学した方

と条件を満たしていれば、数万円単位で受講料が割引になるキャンペーンも不定期で実施しており、タイミングが合えば費用を抑えて入学も可能です。

まとめ:Webマーケティングの知識とスキルは独学でも充分身につく

Webマーケティングの知識とスキルは独学でも充分身につく

これまで

  • Webマーケティングに必要なスキル
  • Webマーケティングを独学で学ぶ方法
  • Webマーケティングを学べるスクール

について解説しました。

短期間で効率的に学びたい場合はスクールの利用がおすすめですが、Webマーケティングは独学でも十分習得が可能です。

十分な知識・スキルを身につけることができれば、フリーランスや副業としてWebマーケターを目指せるでしょう。

さらにWebマーケティングを学ぶには、実際にマーケティングに成功した企業事例を知ることも重要です。

興味のある方は「Webマーケティング成功事例集」より、フェーズごとの施策をまとめた資料をご確認ください。

cta banner ダウンロードはこちら

更に詳しく解説しているお役立ち資料を見る

BtoBマーケティングの入門書

BtoBマーケティングの入門書

BtoBマーケティングの具体的な施策とテクロが実践している事例を解説していきます。

ダウンロード
Webマーケティングの教科書

Webマーケティングの教科書

企業が抱えるWebマーケティングの課題と解決方法を解説しています。

ダウンロード
Webマーケティングの成功事例集

Webマーケティングの成功事例集

フェーズごとのWebマーケティングの施策がわかる成功事例集を紹介しています。

ダウンロード