小窓まどか

2021.03.03

現在の仕事について

ー現在はどういった仕事をされていますか?

現在フリーランスで、エディター・ライター、SNSマーケティングの仕事をしています。

これまでは、週刊誌カラー面でのビジネス系記事の取材・執筆から、おでかけメディア運営、医療・介護系メディア制作など、幅広く活動をしていました。

ーその仕事をするに至った経緯を教えてください。

私は以前、看護師を目指していたのですが、体も心も弱ってしまって。

ぼうっとしながら訪れた恵比寿の有隣堂で、ふと手に取った本を読んだ瞬間、世界が一気に鮮やかに見えたんです。

青信号が続くだけで、幸せを感じました。

「手で直接触れなくても、”文字”で誰かを元気にすることができるんだ。そうだ、ライターになろう」と、ライターの道を決意し今に至ります。

ー 仕事で楽しい瞬間はありますか?

仕事をしていて、楽しさや達成感があるときは、2つあります。

1つ目は、新しい仕事に挑戦するときです。

頼まれたこと自体が嬉しいですし、「やるぞ!」と気合いが入るため、常にフレッシュな気持ちでいることができます。

2つ目は、記事が完成して公開されたときです。

自分自身が書き終わったときはもちろん、ライターさんと一緒に仕上げた記事が公開されたときに、達成感があります。

ー 逆に仕事が苦しい・辛いという瞬間はありますか?

苦しいなと感じるのは、筆がのらないときです。

もっと上手な表現ができるはずなのにと思いながらも、なかなか書けずに悔しい思いをすることがあります。

ただ、苦しい・辛いタイミングは、成長のチャンスです。

「すべて力にしていかなくては!」と、自分を奮い立たせています。

テクロについて

ー テクロではミッションの一つに『揺るぎない納得度を届ける』と掲げていますが、そのために意識していることはありますか?

芯のある柔軟さをもって、ステップアップへとつながる変化を追い続けていくことです。

ひとつひとつ真摯に向き合い、相手が求めるものを様々な角度から検討して提案します。

ー テクロのもう一つのミッションとして掲げている『型にハマることなく、創意工夫できる環境を作る』ためにしていることはありますか?

何事にも興味を持ち、疑問や理由を探究すること。

そして、相手も自分も大切にすることです。

ライターとエディターの両方を経験したからこそ、先回りして工夫できること・寄り添って考えることができると思っています。

メンバーそれぞれが気持ちよく仕事できる関係性を構築するためにも、お互い発言しやすくなる声かけを心がけています。

ー テクロを一言で表すならば?

「楔(くさび)」です。
目標と現状の隙間を埋めるために、打ち込む素材を提供する。

ときには、解決が難しい重たい問題を持ち上げて、提案を重ねるときもあるでしょう。

そして、お客様とユーザー、テクロのメンバー同士など、2つのものをつなぎ合わせる役目という意味で「楔」です。

最後に

テクロのメンバーは、役職や仕事内容など関係なく、どんなときも相手の立場を忘れません。

また、変化に柔軟で、スピードをもって成果を出そうという意識が高いです。

突如タイへ渡航するという私のことも受け入れてくださり、日本にいたとき同様に働かせてくれて、心より感謝しています。

妥協せずに良いものを追及する姿勢を見習いながら、私自身もすくすくと成長してまいります!


【小窓まどかのBlog・SNS】

Blog:https://addresshopper.life/
Twitter:https://twitter.com/tachinomiol