太田祐介

2021.10.31

現在の仕事について

ー現在はどういった仕事をされていますか?

本業ではWebマーケター&ディレクターとして活動しています。

メディアの運営プラス、SEO・広告を活用した集客周り、サイト内の導線改善、Webパフォーマンスを上げる業務が主なところでしょうか。

さらに上流の「どういう戦略でプロダクトを伸ばすか」という業務をしていますね。

テクロにおいては、美術織物の製造および販売を手がける企業のWebメディアで、プロジェクトマネージャーを担当しています。

ーその仕事をするに至った経緯を教えてください

もともと、新卒でWeb業界に入り、コンサルの仕事を4年ほど経験したのち、メディア運営とSEOコンサルに関わるフリーランスとしても活動を始めました。

クラウドソーシングを利用し、Webライターを兼務していた時期もありましたが、本業で培ったメディア運営、SEOコンサルの仕事へ徐々にシフトしました。

現在まで、5年ほど経験を積んでいます。

ー 仕事で楽しい瞬間はありますか?

個人で業務をしていると仕事内容にもよりますが、一人の世界で完結してしまい、成長しにくいな、と思うことが多々あります。

テクロのみんなと一緒に仕事を進めて行くと、他の人も同じような課題やあるあるを持っていて、それをどのような方法で解決したのかをコミュニケーションの中で知れます。

このことが、自分の成長にもつながっていて、勉強になりますね。

テクロのみんなは豊富な知識があるので、他の業務にも活かせる様々なノウハウも得られることが多く、これが仕事において楽しさを感じる瞬間と言えるでしょうか。

ー 逆に仕事が苦しい・辛いという瞬間はありますか?

求められている成果がでないとき、またクライアントさんとコミュニケーションが難しい時に辛いなと感じることがあります。

まずは、結果を出し、クライアントさんとより密接なコミュニケーションを図っていかなければと考えています。

テクロについて

ー テクロではミッションの一つに『揺るぎない納得度を届ける』と掲げていますが、そのために意識していることはありますか?

「自分が成長し続けること」を常に念頭に置いています。

クライアントさんが困っているときに自分がその課題を解決するためには、自分が成長しないと納得した結果を生み出せません。

クライアントさんへ「納得度を届ける」ために、自分が成長し続けることが必要と考えていますね。

ー テクロのもう一つのミッションとして掲げている『型にハマることなく、創意工夫できる環境を作る』ためにしていることはありますか

自分は他の人の意見を柔軟に聞いて、学習しようと意識しています。

「型」はしっかりもったほうが良いと考えているのですが、一つの型に固執せずに、他の人の意見を素直に聞き入れ、型を増やしていくようにしています。

型は型で必要、良いものは残して、その状態に満足せずに「型」を増やしていく、というスタンスです。

ー テクロを一言で表すならば?

「メディアグロースのプロ集団」でしょうか。

テクロが「メディア【運営】のプロ集団」であることは間違いないと思うのですが、キャッチフレーズにした瞬間、「運営」はただ決まっていることをやっているだけの印象になると感じました。

テクロはクライアントに寄り添い「グロース=成長」させることに一所懸命な会社だな、と感じているので、一言で言うのなら「メディアグロースのプロ集団」ではないかと思っています。