• ブログ

集客代行のメリット・デメリットとは?外注時のポイントを解説

2021.01.05

集客代行のメリット・デメリットとは?外注時のポイントを解説

どのような業種であれ顧客がいなければ、ビジネスは成り立ちません。

現代、多くの企業がWebサイトを作成したり、広告を出稿するなどして集客に取り組んできます。

しかし、「期待していたほど見込み客が集まらない」「自社に合った集客方法が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

上記のような方のためにこの記事では、集客代行を利用するメリット・デメリットについて解説します。

集客代行を依頼する際のポイントについても解説するので、集客でお悩みの方はぜひご覧ください。

集客代行とは?

集客代行とは?

集客代行とは、集客を外部委託することです。

集客を成功させるには、専門的な知識やノウハウが求められます。

社内に集客のノウハウを持つ人材が在籍していない場合、1から集客のノウハウを蓄積するか、新たに集客に長けた人材を雇い入れなければなりません。

しかし、集客代行サービスを活用すれば、目標とする顧客数を集めるまでの期間を短縮できるでしょう。

また、集客代行会社によって、得意としている手法に違いがあるため、自社に合った会社に依頼することが重要です。

集客代行会社の選び方については、後述する「集客代行会社選びで失敗しないためのポイント」で詳しく解説します。

まずは、集客代行を利用するメリットとデメリットを理解しておきましょう。

集客代行のメリット

集客代行のメリット

集客代行を利用するメリットを3つご紹介します。

プロに集客を依頼できる

集客代行を利用する最大のメリットは、集客をプロに依頼できる点です。

自社だけで集客に取り組んだ場合、結果が出るまでに長い時間が掛かってしまいます。

また、学ばなければならない知識も多いため、担当者の負担も大きくなりがちです。

集客代行を外注すれば、社員の負担を軽減できるでしょう。

効率的に集客できる

集客代行を外注すれば、効率的に集客を行うことができます。

社内に集客のノウハウが蓄積されていない場合、結果が出るまでさまざまな試行錯誤を繰り返さなければなりません。

そのため、余計なコストが掛かってしまう可能性が高いです。

加えて時間的なロスも大きく、競争の激しい業界であれば他社に差をつけられてしまう恐れも。

集客代行を利用すれば、自社だけで取り組むよりも効率的に集客を行えるでしょう。

人を雇うよりも安く集客できる

新たに人材を採用するよりも、集客代行を活用した方が安く済むケースも。

集客の経験が豊富な人材を採用する場合、高額な人件費が必要になります。

集客代行を利用すれば、人を雇うよりも低コストで集客できるでしょう。

また、集客代行サービスの場合、必要がなくなれば利用を止めることもできます。

一方、人を雇い入れた場合は、退職するまで人件費が掛かり続けます。

状況にもよりますが、費用対効果を重視するのであれば、集客代行サービスを選んだ方がお得なケースも多いです。

集客代行のデメリット

集客代行のデメリット

集客代行のメリットについて解説しましたが、デメリットにも触れておきましょう。

必ず集客が成功するとは限らない

集客代行を依頼したからといって、必ずしも集客に成功するとは限りません。

集客代行会社によって得意としている集客方法には違いがあるため、自社のニーズにマッチした会社を選ばなければ、期待したような成果を得られない可能性が高いです。

集客代行を依頼する際には、複数の代行会社を比較した上で、どこに依頼するのかを考える必要があります。

社内にノウハウが貯まらない

集客代行には、社内にノウハウが溜まりにくいというデメリットもあります。

集客代行を利用すると、自社の代わりにさまざま作業を代行してくれます。

反面、いつまでたっても社内に集客のノウハウが蓄積されない恐れも。

いずれは自社だけで集客できるようになりたいと考えているのであれば、社員の育成も込みで依頼できる会社を選んだ方が良いでしょう。

主な集客方法

主な集客方法

ここからは、集客代行会社に依頼できる主要な集客方法をご紹介します。

Web広告

Web広告による集客を得意としている集客代行会社は多いです。

近年よく用いられる集客方法で、インターネット上に広告を出稿して見込み客を集めます。

Web広告の運用は、状況に合わせて最適化しなければならないため、専門的な知識が必要です。

Web広告にはさまざまな種類が存在するため、それぞれの特徴をある程度知っておいた方が良いでしょう。

代表的なWeb広告は以下の通りです。

リスティング広告 googleなどの検索結果ページに表示される広告。
ディスプレイ広告  Webサイトやブログなどの広告枠に表示される広告。
SNS広告 TwitterやInstagramなどのSNSに表示される広告。
動画広告 YouTube などの動画サイト内で再生されるインストリーム広告やWebサイトの広告枠に動画を表示するインバナー広告などがある。

 

目的に合わせた媒体を選ぶ必要があるので、Web広告の運用を依頼する前に、どの媒体にすべきか集客代行会社に相談した方が良いでしょう。

Webサイト

Webサイトは、インターネットで集客する上で基本となるツールです。

Webサイトは目的別にいくつかの種類に分類できます。

コーポレートサイト どのような会社なのか知ってもらうためのサイト。会社の事業や製品、概要などを掲載。
ランディングページ 商品やサービスの特徴、魅力を訴求してコンバージョンに繋げることを目的としたサイト。
ブランディングサイト ブランドや会社のブランディングを目的とするサイト。自社に対するイメージをコントロールする。
プロモーションサイト 商品やサービスのプロモーションを目的としたサイト。商品の認知度を向上させたい場合などに用いられる。

 

自社の商品について知ってもらいたいのであればプロモーションサイト、コンバージョンに繋げたいのであればランディングページなど、目的に合わせたWebサイトを制作しましょう。

SEO対策も併せて実施する

SEO対策は、Webサイトで集客を行う上で必須となる施策です。

検索エンジンからWebサイトへの自然流入獲得を目的としています。

SEO対策は、内部対策と外部対策の2つに分けられます。

内部対策

内部対策はサイトの構造を、検索エンジンに合わせて最適化する施策です。

構造を最適化することで、クローラーが巡回しやすくなり、サイトの内容を検索エンジンに正しく伝えらます。

内容が正しく伝われば、適切にサイトを評価してもらえるようになり、上位表示の可能性も高まります。

外部対策

外部対策は、外部サイトからの被リンク獲得を目的とした施策です。

以前は被リンクの数が検索結果に大きな影響を与えていたため、サテライトサイトを作成してリンクを貼る方法が取られていました。

現在では、リンクの質が重視されるようになり、過剰に自作のリンクを貼るとペナルティを受ける恐れがあるので注意しましょう。

そのため、最近ではSNSで拡散しやすいように、Webサイト内にSNSボタンを設置するなどの対策を採用するケースが多いです。

SNS

SNSは、ブランディングやキャンペーンのプロモーションに活用できます。

SNS上で投稿を拡散してもらえれば、多くの人に情報を届けられます。

Web広告と比較すると低コストで集客できますが、SNSでの顧客獲得は簡単ではありません。

SNSでの集客を考えているのであれば、外注も検討しておくことをおすすめします。

集客代行に必要な費用

集客代行に必要な費用

集客代行を依頼した場合の費用について解説します。

Web広告運用代行の相場

Web広告運用代行を外注した場合の料金相場は、広告費の20%前後です。

Web広告を出稿するには、次のような費用が必要です。

  • 広告費(実費)
  • 運用代行費用(広告費の約20%)

Web広告の出稿料と運用代行会社に支払う、運用費が必要になります。

一口にWeb広告といっても媒体によって料金が異なるため、媒体別の相場を知っておくことも大切です。

web広告の相場は以下の通りです。

リスティング広告 10~数千円/1クリック
バナー広告
  • インプレッション保証型:1~3円/1インプレッション
  • クリック課金型・10~数百円
動画広告 10~数百円/1再生
SNS広告 1~数百円/1クリック

 

Web広告費は出稿するジャンルによって料金が変化し、競争の激しい分野ほど広告費も高くなる傾向にあります。

Webサイトの制作費

Webサイトの制作費は、サイトの種類によって異なります。

サイトの種類別の料金相場は以下の通りです。

Webサイトの種類 料金相場
コーポレートサイト 10万~50万円
ランディングページ 10万~30万円
ブランディングサイト 10万~50万円
プロモーションサイト 30万~80万円

 

コーポレートサイトやブランディングサイトは、すべてオリジナルのデザインで作成すると費用も高額になります。

既存のテンプレートをベースに作成した場合は、相場よりもコストを抑えられることも。

ランディングページは、基本的に1ページのみのシンプルな構成のため、ほかの種類のWebサイト比較すると相場は低いです。

しかし、マーケティング込みで依頼した場合、60万円以上掛かることもあります。

プロモーションサイトも同様にマーケティング込みで発注すると、相場よりも料金が高くなります。

Webサイトの制作費は、依頼する作業の内容や工数によって大きく変化するので、見積もりの段階で内容をしっかりと確認しておきましょう。

SEO対策

Web制作会社によっては、はじめからSEO対策がサイトの制作費に含まれている場合もあります。

一方で低価格をうたっている制作プランでは、オプションになっていることも。

SEO対策単体での料金相場は、以下のようになります。

内部対策

SEOの内部対策の相場は、10万~30万円です。

先にご紹介したように、内部対策は検索エンジンにインデックスされやすいサイトを構築することを目的としています。

外部対策に力を入れたとしても、サイトの構造が最適化されていなければ、十分な効果を発揮できない恐れも。

外部対策に取り組むのであれば、必ず内部対策も行いましょう。

外部対策

SEOの外部対策の料金体系は、月額固定型と成果報酬型の2種類に分けられます。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、自社に合ったサービスを選ぶことが重要です。

月額固定型

月額固定型の外部対策の料金相場は、ひと月あたり1万~15万円です。

月額固定型のメリットは、月々の費用が変わらない点です。

そのため、難易度が高いキーワードでの上位表示に成功した場合、費用対効果が高くなります。

デメリットは、上位表示できなくても毎月同じ料金が掛かることです。

成果報酬型

成果報酬型の外部対策の料金相場は、ひと月あたり1万~100万円です。

成果報酬型のメリットは、結果が出ない場合は費用が掛からない点です。

自社のページが上位表示された時にのみ料金が発生します。

一方のデメリットは、上位表示の難易度が高いキーワードでは、月々の料金が高額になってしまう点です。

SNS運用代行の相場

SNS運用代行の料金は、10万~30万円が相場です。

SNS運用代行は、依頼する作業の範囲によって変化し、企画からコメントの返信まで、運用を丸ごと依頼する場合は50万円ほど掛かる場合もあります。

投稿の代行のみを任せるのであれば、10万円ほどで依頼できます。

集客代行会社選びで失敗しないためのポイント

集客代行会社選びで失敗しないためのポイント

集客代行会社選びで失敗しないためのポイントを3つご紹介します。

ポイント1.ヒアリングを重視している会社かチェック

しっかりとヒアリングをしてくれる集客代行会社かどうかをチェックしましょう。

商品の魅力を見込み客に伝えるためには、商品やサービスについて理解しておく必要があります。

ヒアリングが丁寧な会社であれば、社内のスタッフが気づいていなかった魅力も見つけてくれるかもしれません。

集客代行会社側が、自社の商品の魅力を汲み取ってくれるかどうかは、集客の成否を分けます。

集客代行を依頼する際は、適切にコミュニケーションを取れる会社を選ぶようにしましょう。

ポイント2.競合他社の実績の有無

集客代行を依頼する際には、競合他社の実績があるかどうかチェックしましょう。

集客代行を依頼したからといって、すぐに結果が出るわけではありません。

市場や競合他社の状況に合わせて、集客の戦略を最適化する必要があるため、集客代行会社と言えども未経験の業種・業界で成果を出すまでにはそれなりの時間が必要です。

競合他社の実績が豊富な集客代行会社は、自社の業界のにおける集客のノウハウがある程度蓄積されていると考えられます。

そのため、同業他社の実績がある集客代行会社であれば、実績のない会社と比較して、結果が出るまでの期間を短縮できるでしょう。

ポイント3.リピーター獲得の仕組みづくりにも取り組んでくれる

集客はリピーターになってもらうための仕組みづくりと、セットで取り組む必要があります。

リピーターに商品・サービスを販売する場合と比較して、新規顧客に販売する場合の難易度は高くなります。

リピーターはすでに自社製品の良さを理解してくれており、信頼関係が構築されているため、メールマガジンなどで定期的にアプローチすることで、コンバージョンに繋げられます。

一方、新規顧客は信頼関係が構築できていないため、商品を購入してもらうまでにはいくつもの障害を取り除かなければなりません。

集客の労力やコストを考えると、リピーターを増やす方が効率的と言えるでしょう。

まとめ:自社のニーズにマッチした集客代行会社を選びましょう!

まとめ:自社のニーズにマッチした集客代行会社を選びましょう!

集客代行会社を利用するメリット・デメリットについて解説しました。

集客代行会社によって得意な分野や手法は異なるので、自社のニーズにマッチした会社を選ぶことが大切です。

テクロ株式会社では、ご要望に合わせた集客プランをご提案しています。

集客でお悩みの方は、お気軽に「お問い合わせ」までご相談ください。