​ ​ 人材業界がWebマーケティングで結果を出すために取り組むべき施策 | テクロ株式会社
お問い合わせ 資料請求

人材業界がWebマーケティングで結果を出すために取り組むべき施策

人材業界において、求人募集企業や求職者へのアプローチにWebマーケティングは重要な施策です。

失敗してしまうと、求職者や掲載企業が集まらないこともあります。

この記事では、以下の2点を中心に解説。

  • 掲載企業・求職者の登録を増やす手法
  • Webマーケティングの流れ

人材業界のWebマーケティングで結果を出すための、具体的な施策を紹介します。

人材業界のマーケティング施策における重要なポイント

人材業界のマーケティング施策には以下の重要なポイントを押さえておく必要があります。

  • マーケティングの流れの基本を知る
  • より受注に近いほうから力を入れる
  • スマートフォンで見やすいコンテンツを作る

それぞれについて解説していきます。

マーケティングの流れの基本を知る

マーケティングには「ファネル」という言葉があります。

ファネルとは、顧客が商品を認知し購入するまでのプロセスを一連の形にしたもので、マーケティング施策において重要な考え方の一つです。

具体的に人材業界でに当てはめると

  1. 認知
  2. 興味
  3. 比較・検討
  4. サイト訪問・問い合わせ
  5. 成約・購入(受注)

といった流れになります。

流れを掴んでおくことで、消費者の行動が読みやすくなり適切な施策を選定しやすくなります。

より受注に近いほうから力を入れる

デジタルマーケティングではより成約・購入に近いほうから注力していきます。

人材業界では「受注」に近いステップから順に対策を取ることで、マーケティング施策の効果を得られるのです。

理由は、すでに問い合わせの段階に入っている顧客を、とりこぼさず受注まで持っていけるためです。

また後工程から注力していくことで戦略の方向性が定まり、各ステップの対策が取れるため、より効果を発揮できるメリットもあります。

スマートフォンで見やすいコンテンツを作る

現代では、サイトの検索や閲覧はスマートフォンを使用する人が非常に増えています

人材業界も例外ではありません。

スマートフォンでもパソコンと同様の画面を表示できますが、

  • 文字や画像が小さく表示され見にくい
  • バナーやリンクが小さくなるため、操作しにくい
  • ページが表示されるまで時間がかかる

などの弊害があります。

そのためスマートフォンから見るユーザーのことも考えたコンテンツ制作が重要なのです。

求人募集・登録企業を増やすための施策

求人募集・登録企業を増やすための施策は、以下の例が挙げられます。 

  • サービスページの改善
  • 顧客の声を取り入れる
  • ディスプレイ広告の採用
  • SEOで流入を増やす
  • SNSマーケティングで認知拡大や流入増加を狙う
  • プレスリリースの発信

それぞれについて具体的に解説していきます。

サービスページの改善

受注の前段階である「サイト閲覧・問い合わせ」につなげるには、サービスを紹介しているページがわかりやすくなければいけません。

サービスページを見て、どのような業種の企業に掲載してほしいか把握できることが重要です。

例えば、過去の実績などを掲載すると、サイトを訪問した顧客の信頼を得られ登録などの行動を起こしてもらえる可能性が高まります。

顧客の声を取り入れる

過去の実績例として顧客の声を取り入れると、それを見たユーザーが安心・納得し、成約につながりやすくなる可能性があります

実際に成約した顧客の意見は、見込み客が疑問に思っていることや不安に感じていることを代弁してくれます。

顧客の声は、具体的な企業名や担当者の顔写真とともに掲載すると、サービスへの信頼度は高まるでしょう。

ディスプレイ広告の採用

ディスプレイ広告は、まだ認知していない潜在顧客に向けて発信するのに向いており、クリック単価も安く見込み客を獲得しやすいと言われています。

その分、興味のない顧客にも配信されてしまう可能性があるため、ターゲットをある程度絞る必要があります。

ディスプレイ広告には「リマーケティング」と呼ばれる、一度自社サイトに訪問したことがあるユーザーに対して、広告を最表示させる方法があります。

リマーケティングは、興味を持った顧客にピンポイントでアプローチできる手法です。

顧客の取りこぼしを防ぐ手段として活用するのがおすすめです。

SEOで流入を増やす

問い合わせを獲得するには、サイトに訪問してもらわなければいけません。

SEOで検索流入を増やすことで、ホームページのアクセスが増えます。

具体的には、サイト構造の見直しや、ユーザーに興味を持ってもらえる記事を入稿し、記事経由で問い合わせにつなげるといった対策があります。

GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンで上位表示させることで、サイト訪問者が増え、問い合わせ数が増える可能性が高まるでしょう。

SNSマーケティングで認知拡大や流入増加を狙う

現代のマーケティングにSNSの活用は大きい効果が得られます。

拡散力の高いSNSは、広告費をかける必要なく多くの人にリーチできるため、サイトを認知してもらえます。

興味を持ってもらったユーザーに投稿をシェアしてもらえれば、さらに多くの人へ認知拡大できるでしょう。

認知拡大の施策におすすめです。

プレスリリースの発信

PRTIMESvaluepressなどのプレスリリース配信サービスを利用すると、自社の活動や取り組みを報道機関に認知できます。

そもそもプレスリリースは、配信先のメディアで貴社の活動を引用配信するサービスです。

被リンクの獲得にもつながるため、SEO外部対策に有効です。

求職者を増やすための施策

求職者を増やすための施策としては、以下のような例が挙げられます。

  • 求職者向けのWebページ
  • オウンドメディアの運用
  • メルマガやSNSで定期的な情報発信
  • 求人サイトへ案件掲載
  • スカウトメールの送信
  • 人材紹介以外のサービスを用意

それぞれについて具体的に解説していきます。

求職者向けのWebページ

求職者向けに、Webページを作成し、魅力のあるコンテンツを配信するのがおすすめです。

ベネフィットが明確に書かれており、悩みを解決できそうなページであれば、登録につながる可能性が高くなります

求職者が閲覧するWebページは、必要な情報を掲載し、登録に繋がるような導線作りを実施しましょう。

オウンドメディアの運用

オウンドメディアの運用により、他社人材サービスとの差別化を図るのは効果的です。

求職者が知りたがっていることを考え、発信しましょう。

例えば面接に受かるコツや業種ごとの仕事内容、口コミなどを記事化することでユーザーに興味を持ってもらいやすくします。

現役で働いている人へのインタビュー記事などもあると、求職者の参考になる可能性があります。

メルマガやSNSで定期的な情報発信

メルマガやSNSを利用し、定期的に情報発信することをおすすめします。

社内の取り組みだけではなく、ユーザーにとって有益な情報を発信しましょう。

例えば新着の求職情報や急募案件、または前述したインタビュー記事などです。

どのような内容であれば、読者のためになるか考えた上でコンテンツを作りましょう。

求人サイトへ案件掲載

直接求人サイトへ案件を掲載するのも一つの手です。

規模にもよりますが、転職サイトへの掲載は転職エージェントと比べて安価です。

ただし、求人サイトに掲載されている多くの案件の中から、貴社の案件を見つけてもらう必要があります。

スカウトメールの送信

ユーザーに対してスカウトメールを送信するのも一つの手です。

スカウトメールとは、条件に合った求職者にスカウトのメールを送ることです。

条件に合致した求人が送られてくるため、受け取った求職者は「特別感」を与えられます。

不特定多数に送るメールではないため、求人情報とユーザーの相性やスカウトメールを送った理由を作り込む必要があります。

人材紹介以外のサービスを用意

他社の人材業界サービスとの差別化を図るには、人材紹介以外のサービスを用意するのもいいでしょう。

  • 面接のHOWTO動画
  • 履歴書・職務経歴書の添削

などの、他社にないサービスを提供することで、ユーザーの獲得につながります

人材業界のWebマーケティングの流れ

人材業界のWebマーケティング施策を取るために、基本的な流れを知っておく必要があります。

  1. 目的とゴールの設定
  2. 市場・競合調査
  3. ターゲット・ペルソナ設定
  4. カスタマージャーニーマップの作成
  5. マーケティング施策の決定
  6. 情報の発信をして顧客を獲得
  7. 分析・改善

上記流れについて、具体的に解説します。

1.目的とゴールの設定

まずは目的とゴールの設定です。

人材業界であれば

  • 認知
  • 企業からの受注(掲載)
  • 企業イメージの浸透化

などが目的に挙げられます。

ゴールは「売上2.5倍」「認知度60%アップ」などです。

気をつけるべき点は、ゴールを現実的に達成できる数字にすることです。

具体的な数字でなければ、どこまで成果を上げればいいのか分からず、戦略が立てられません。

達成可能な成果を出せるゴールを設定しましょう。

2.市場・競合調査

人材業界の市場規模や需要、競合調査を実施します。

自社のポジションや狙える市場などを洗い出しましょう。

市場調査をせずに商品を販売しても、ユーザーの興味を引けず登録まで誘導できません。

近年テレワークも増えていることから、競合がどのような対策を取っているかもチェックしてください。

3.ターゲット・ペルソナ設定

自社のサービスを利用してもらいたいターゲットを設定します。

例えば「飲食業界の人材」に特化しているのであれば、飲食店勤務に興味のある属性をピックアップしてペルソナ設定をするとよいでしょう。

どのような年代でどういう人に興味を持ってもらいたいかを考えて細かく設定することで、今後のマーケティング戦略も固めやすくなります。

4.カスタマージャーニーマップの作成

ターゲット顧客が商品やサービスに興味を持ち、購入・利用するまでのプロセスのことをカスタマージャーニーと呼び、図式化したものをカスタマージャーニーマップと言います。

カスタマージャーニーマップを作成することで、顧客がサービスを認知してから成約に至るまでの流れを可視化でき、顧客へのサービス訴求がしやすくなります。

顧客情報の収集や顧客インタビューを実施するなど十分な準備をして、カスタマージャーニーマップを作成してみましょう。

5.マーケティング施策の決定

市場調査やカスタマージャーニーの設定により、貴社が取るべきマーケティング施策の方針を決めましょう。

実際のターゲット、ユーザーにどのようなサービスを提供するのか、他社との差別化などを言語化します。

例えば、若い世代の求職者からの認知度を高めたいのであれば、SNSでの発信の強化やWebサイトのデザインリニューアルなどがあります。

目的やゴール、マーケティング施策を取る理由などを再確認しましょう。

6.情報の発信をして顧客を獲得

サイトやSNSなどの発信媒体の準備ができたら、情報を発信していきましょう。

費用をかけて手っ取り早く認知させるなら広告がおすすめですが、費用を抑えながら運用したい場合は、SNSやSEO対策による認知拡大などがあります。

状況に合わせて、有効な情報発信し顧客の獲得につなげましょう。

7.分析・改善

情報発信をしたあとは、分析・改善を実施します。

分析するべきデータは、定量データと定性データがあります。

定量データは、会員登録数や顧客単価などの数値化できるデータです。

定性データは、顧客の声・意見など、数値化できないデータです。

それぞれのデータを収集し、改善点を洗い出し、業績拡大につなげましょう。

まとめ:Webマーケティングの施策をすることで人材業界のコンテンツを強化

事業やコンテンツの認知や成約に結びつけるのに、Webマーケティングは重要です。

人材業界にも同様、見込み顧客への認知拡大で問い合わせや受注を増やすために、効果的なWebマーケティング施策を実施しましょう。

弊社テクロ株式会社でも、BtoBマーケティングの支援をしております。

更に詳しく解説しているお役立ち資料を見る

BtoBマーケティングの入門書

BtoBマーケティングの入門書

BtoBマーケティングの具体的な施策とテクロが実践している事例を解説していきます。

ダウンロード
Webマーケティングの教科書

Webマーケティングの教科書

企業が抱えるWebマーケティングの課題と解決方法を解説しています。

ダウンロード
Webマーケティングの成功事例集

Webマーケティングの成功事例集

フェーズごとのWebマーケティングの施策がわかる成功事例集を紹介しています。

ダウンロード