​ ​ 有料メルマガとは?無料との違いやメリット、成功のコツを徹底解説 | テクロ株式会社
お問い合わせ 資料請求

有料メルマガとは?無料との違いやメリット、成功のコツを徹底解説

基本的に無料で配信されているメルマガですが、有料のものがあることはご存じでしょうか?

有料メルマガとは、読者が購読料を支払って読むメルマガです。

とはいえ

  • 有料メルマガの需要はあるの?
  • 有料メルマガを始めるにはどうしたらいいの?

と悩む方も多いと思います。

そこで今回は、有料メルマガについて解説します。

具体的には、有料メルマガのメリットや事例、成功のコツを紹介。

効果的に活用すればメールマーケティングにおいて強力な武器になるので、ぜひ参考にしてください。

なお、テクロ株式会社でも、メルマガを含むBtoBマーケティングに関するお役立ち情報を、メルマガで配信しています。

興味のある方はぜひ登録してみてください。メルマガ登録はこちら

cta banner ダウンロードはこちら

有料メルマガについて

有料メルマガについて

まずは有料メルマガの基本事項を解説します。

有料メルマガとは

有料メルマガとは、登録した読者が配信者に料金を支払って購読するメルマガです。

「新聞や雑誌の定期購読と同じ仕組み」と思えば分かりやすいです。

多くの方は、メルマガは無料のものだと思っているでしょう。

しかし、情報の価値が高ければ、有料メルマガも成立します。

無料メルマガとの違い=配信の目的

無料メルマガと有料メルマガには、料金発生の有無以外に違う点があります。

その違いとは、配信の目的です。

無料メルマガは読者数を増やし、認知拡大や商品・サービスの購入につなげることが主な目的です。

つまり、多くの人にアプローチし、ファンを増やすことを目指します。

対して、有料メルマガは「更なるファンの囲い込み」と「読者との距離感を縮めること」が主な目的です。

コアなファンの育成を目指します。

そのため、読者が「お金を支払ってでも欲しい」と思えるような、プレミア感のある内容にすることが重要です。

SNSやYouTubeよりも、質の高い情報が求められるのです。

有料メルマガのメリット

有料メルマガのメリット

次に、有料メルマガを配信するメリットを3つ紹介します。

参入しやすい

メルマガを始める場合、設備投資などの初期費用がかからず金銭的なリスクがほとんどありません

そのため、参入しやすいというメリットがあります。

無料のメルマガのノウハウをそのまま流用できるため、既にメルマガを配信している人にもおすすめです。

小さな規模であれば、無料のメルマガ配信サービスを使って配信できます。

ただし、配信人数が多い場合は、読者管理やデータ分析がしやすい有料のメルマガ配信サービスがおすすめです。

以下の記事では、メルマガ配信サービスを20個紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

関連記事:おすすめメルマガ配信ツール20選|効果や選ぶポイントも解説

運用コストが低い

メルマガには原価がありません。

必要なのはメルマガ配信サービスの利用料と、執筆時間や効果測定といった人的コストです。

そのため、広告運用などに比べると低いコストで運用できます。

内容の濃い情報への需要が高い

SNSやYouTubeと有料メルマガの一番の違いは「情報の濃さ」です。

SNSやYouTubeは、不特定多数がさまざまな情報を発信しているため「信頼性が低い」「内容が薄い」といったデメリットがあります。

そのため、「核心をついた信頼できる企業(個人)からの情報」には、一定の需要があります。

充実した内容の情報であれば、お金を払ってでも手に入れたいという人が一定数存在するのです。

ちなみに、有料メルマガの購読料の目安は月額500円程度です。

すでに無料メルマガに多くの読者がいる場合、有料メルマガを始めると読者の1割が有料メルマガに流れるといわれています。

有料メルマガの具体例

有料メルマガの具体例

ここで、有料メルマガの事例を3つ紹介します。

有料メルマガを配信しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

堀江貴文氏:堀江貴文のブログでは言えない話

「ホリエモン」の愛称でおなじみの堀江貴文氏は「堀江貴文のブログでは言えない話」という有料メルマガを配信しています。

内容は以下の通りです。

  • 時事ネタ
  • 起業
  • 自身が考えるビジネスモデル
  • 本のレビュー

会員数は公式で発表されていませんが、2019年11月時点で「2万人近く登録している」と、自身のYouTubeチャンネルで公表していました。
(参考:私が10年くらいやっているメルマガについて|堀江貴文 ホリエモン)

タイトル 堀江貴文のブログでは言えない話
料金 880円/月(税込)
配信日 毎週月曜日
創刊日 2010年2月1日

中島聡氏:週刊Life is beautiful

コンピューター技術者やITエンジニアとして活躍している中島聡氏の有料メルマガは「エンジニアのための経営学講座」を中心としたゼミ形式です。

世界に通用するエンジニアの育成を目指して、ノウハウや考え方、時間の使い方などの情報を発信しています。

タイトル 週間Life is beautiful
料金 880円/月(税込)
配信日 毎週火曜日(年末年始を除く)
創刊日 2011年8月16日

辛坊治郎氏:辛坊治郎メールマガジン

元ニュースキャスターの辛坊治郎氏は、自身のジャーナリズム「FACT FACT FACT」に沿った情報発信を有料メルマガで配信しています。

具体的には、テレビや新聞ではさまざまな事情で伝えられなかった「報道の真実」について、辛坊氏独自の切り口で解説しています。

また、2021年8月に達成した太平洋単独往復横断についても記載。

航海中の出来事や旅の中で考えたことなども書かれています。

タイトル 辛坊治郎メールマガジン
料金 330円/月(税込)
配信日 毎週金曜日
創刊日 2011年2月18日

有料メルマガの配信フロー

有料メルマガの配信フロー

有料メルマガを配信するフローは、基本的に無料メルマガと同じです。

4つのステップに分けて、詳しく解説します。

ステップ1.目的とコンセプトを決める

まずは有料メルマガを配信する目的とコンセプトを決めましょう。

目的とコンセプトは、メルマガを配信するにあたっての「軸」です。

軸がしっかりしていれば、読者に伝わりやすいメルマガになります。

  • 読者が気軽に質問できるような関係性を築く
  • コアな顧客を獲得する

など、具体的な目的を設定しましょう。

また、コンセプトを決める際は、メルマガのターゲットを明確にするのがポイントです。

「誰に、何を発信するか」を決めることで、発信する内容を絞れます。

ステップ2.テンプレートと本文を作成する

定期的に配信するメルマガの場合、テンプレートを作成しておくと作業の効率化が図れます。

テンプレート作りのポイントは以下の2点です。

  • PCやスマホなど、デバイスごとのテンプレートを作る
  • 記号や罫線で装飾する

テンプレートができたら、次は本文を作成します。

基本的な流入は、無料メルマガから有料メルマガへの登録が一般的です。

読者は、無料メルマガでは知れない情報を求めて有料メルマガに登録します。

そのため、有料メルマガでは「核心を突いた内容の濃い情報」を発信しましょう。

せっかくお金を支払ったのにSNSやYouTubeと変わらないレベルの情報では、読者の期待を裏切ってしまいます。

本文には「お金を払ってでも読む価値のある情報」を記載するようにしましょう。

詳しい書き方は、以下の記事にも載っています。

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:メルマガに必要な要素とは?読まれる件名や書き方のコツ、例文を紹介

ステップ3.セグメント配信や差し込み機能を活用する

セグメント配信とは、年齢や性別によって読者をグループに分け、それぞれに合った内容のメルマガを配信できる機能です。

グループごとに関心の高い情報を送れるため、訴求効果の向上や読者満足度の向上を見込めます。

また、差し込み機能とは、メルマガの本文や件名に、読者1人1人の名前を差し込んで配信できる機能です。

「〇〇さま」と個人宛にメルマガを配信しているようになるため、読者と距離の近いメルマガを作成できます。

ステップ4.効果測定と改善を繰り返す

メルマガを配信したら、「どれくらい読まれているか」「記載したリンクがクリックされているか」など、効果測定を実施します。

有料メルマガの場合、読者にお金を支払ってもらっているため、以下の点が重要になります。

  • 到達率:読者の元にメルマガが届いているか
  • 配信時間:読者が読みやすい時間に配信できているか

配信の結果が分かったら、メルマガの効果をさらに高めるために改善を実施します。

メルマガを配信してそのままにするのではなく、効果測定と改善を繰り返して、メルマガの質をどんどん高めていきましょう。

なお、メルマガの効果測定については、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:メルマガは効果測定が重要!重要な指標や測定ツールを紹介

有料メルマガを成功させるコツ

有料メルマガを成功させるコツ

最後に、有料メルマガを成功させるコツを2つ紹介します。

有料メルマガと無料メルマガを使い分ける

最も大切なポイントは、有料メルマガと無料メルマガを使い分けることです。

例えば、以下のようなやり方があります。

  • 有料メルマガの一部を無料で読めるようにする
  • 無料メルマガの重要なトピックを有料メルマガにまとめる

つまり、無料の内容で読者の興味を引き、内容の濃い有料メルマガの購読につなげるのです。

有料のメルマガ配信サービスを利用する

有料メルマガを成功させるには、有料のメルマガ配信サービスを利用するのがおすすめです。

理由は以下の3点です。

  • 機能が豊富
  • 読者管理が楽
  • 細かく効果測定ができる

中でも「細かく効果測定ができる」点が大きなメリットです。

開封率や到達率、クリック率などの指標は、長期的に有料メルマガを配信するうえで重要なデータとなります。

なぜなら読者の興味関心を把握でき、より読者が求める内容に近づけられるからです。

無料のメルマガ配信サービスもありますが、使える機能が限られていたり、欲しいデータが入手できなかったりします。

成果を出したいなら、機能が充実している有料のメルマガ配信サービスを活用しましょう。

まとめ:有料メルマガを活用して、読者との深い関係性を築こう

有料メルマガを活用して、読者との深い関係性を築こう

今回は、有料メルマガについて解説しました。

最後に重要なポイントをまとめておきます。

  • 有料メルマガとは、読者が購読料を支払って読むメルマガ
  • 有料メルマガには、核心をついた内容の濃い情報が必要
  • 有料メルマガ成功のコツは、無料メルマガとの使い分け

なおテクロでも、メルマガを含むBtoBマーケティングに関する情報をメルマガで配信しています。

気になる方はぜひ登録してみてください。メルマガ登録はこちら

また「【リード数6倍!】 BtoBメルマガの効果的な作り方」では、BtoB向けのメルマガの作り方を解説しています。

運用のコツや効果を上げるポイントなど、メルマガ配信のノウハウを凝縮しています。

ダウンロードは無料なので、ぜひ活用してください。

cta banner ダウンロードはこちら

更に詳しく解説しているお役立ち資料を見る

BtoBマーケティングの入門書

BtoBマーケティングの入門書

BtoBマーケティングの具体的な施策とテクロが実践している事例を解説していきます。

ダウンロード
Webマーケティングの教科書

Webマーケティングの教科書

企業が抱えるWebマーケティングの課題と解決方法を解説しています。

ダウンロード
Webマーケティングの成功事例集

Webマーケティングの成功事例集

フェーズごとのWebマーケティングの施策がわかる成功事例集を紹介しています。

ダウンロード