• メンバー

森川 裕次

2020.07.16

現在の仕事について

ー 現在はどういった仕事をされていますか?

プロジェクトマネージャーというポジションをしています。プロジェクト毎に仕事内容が異なるのですが、アクセス数を伸ばす必要のあるWebメディアであればSEO対策のされた記事コンテンツを入れるための準備や管理、ディレクターさん、ライターさんのマネジメントを行います。

また、既にアクセス数の多いWebメディアに対してはお問い合わせや商品購入を増やす施策の戦略立案、場合によってはコンサルティング業務など幅広く行なっています。

ー この仕事をしていて良かったことはありますか?

森川さん_インタビュー

自分で考えて新しいことに挑戦できる機会が多いこと、そのなかで自分自身キャリアアップできることはこの仕事ならではの良いところだと思います。

あとは立場上、外部の方と関わることも多いのですが、ライターさんやディレクターさんに「一緒に仕事がしやすい」「働きやすい環境」と言っていただけた時はとても嬉しいですし、実際にクライアント様への施策で成果が目に見えた時は嬉しいですしやりがいを感じます。

ー 逆に仕事が苦しい・辛いという瞬間はありますか?

苦しいという表現は合っていないかもしれませんが、ベンチャー企業なのでリソースが不足しがちです。そのため新しいプロジェクトが加わった時や月末はとてもタスクが多い場合もあり、忙しいなぁと思うこともあります。

忙しいとどうしても視野が狭まってしまうので、視野を広く持ち続けるという意味でも丁度いい仕事量をキープしたいです!

テクロについて

ー テクロではミッションの一つに『揺るぎない納得度を届ける』と掲げていますが、そのために意識していることはありますか?

森川さん_インタビュー

これはクライアントさんにも、外部のディレクターさんやライターさんにも同じですが、テクロのビジョンにあるように誠実さを大切にしています。道理にかなった対応をすることはもちろん、時には出来ないことは出来ないと素直に話すこともあります。
ですが会社に関わってもらっていること自体が嬉しいので、できるだけ臨機応変に要望にお応えしたいと思っています。

あとは具体的なところで言うと、納得していただけるまでしっかり説明をすることやそのための準備を万全にすることは意識していますね。

ー テクロのもう一つのミッションとして掲げている『型にハマることなく、創意工夫できる環境を作る』ためにしていることはありますか?

これには自分への心がけと社内での心がけの2つがありますが、まず自分に対しては仕事をルーティンにしないことと視座を高く持つことを意識しています。

仕事をルーティン化してしまうと、自分でも気づかぬうちになにも考えないままタスクをこなしているようになってしまいます。なので、業界の常識やルーティンに囚われず考えながら仕事をする、ということとそのためにも視座を高く持って色々な方向から自分を含めて物事を見るように心がけています。

森川さん_インタビュー

社内での心がけで言うとマニュアルを固めすぎない、というところですね。
過去にいた会社や業務ではマニュアルというものが多く存在していました。及第点の結果を担保するためにマニュアルはとても大事なのですが、それ以上の工夫や個性はマニュアルの外に現れてくるものだと思いますし、例えばマニュアルを共有するライターさんやディレクターさんにとっても存分に力を発揮するための余白を残しておいた方が良いと思っています。

自分だけではなく一緒に働く人にとっても「創意工夫しやすい環境を作る」というのは心がけの一つになっています。

ー テクロを一言で表すならば?

やはりバリューにも現れているな、と思いますが「誠実さ」や「素直さ」かと思います。コーポレートカラーのブルーも「真面目さ」を示してますし。
あとは「若さ」ですね、全然一言じゃないですが(笑)

最後に

テクロはやっと軌道に乗って伸び始めた時期だとは思いますが、これから成長を重ねても誠実さや創意工夫というところを忘れずに個人でも集団でも価値提供をできるようにしていきたいと思います!