​ ​ 黒上 洋甫 | テクロ株式会社
お問い合わせ 資料請求

黒上 洋甫

執行役員 CMO

現在の仕事について

ー現在はどういった仕事をされていますか?

戦略立案などをメインにマーケティング施策全般を担当していて、セールス活動にも少し携わっています。

ブレーンとしての役割が大きいので、「どうすればテクロに顧客が興味を持ってくれるのか」を考えながら仕事をしています。

ーその仕事をするに至った経緯を教えてください。

ずっとBtoC、特にゲームやエンタメ領域のマーケティングの仕事をしていました。

ゲーム会社はもちろん、モバイル系の広告代理店や海外のメディアなどで働いた経験があり、BtoCのマーケティング業界の流れを一巡したなと思っていました。

その頃は東京に住んでいたのですが、東京から離れることをきっかけに、BtoBマーケティング領域に転向しました。

かなり営業ベースのマーケティングに戸惑いながらも、BtoC領域で得た考え方を流用しつつ、BtoBに寄り添ったマーケティングをもっと知っていきたいと思い、入社しました。

ー 仕事で楽しい瞬間はありますか?

チームのみんなでアイディアを出し合っている時が一番楽しいです。

特にマーケティング部隊は、自由に話し合える環境を作ることがとても大事だと思っています。

その環境をもっと広げて、部署や立場にとらわれず自由にアイデアを出し合えて、僕や社長の天野さんがアイデアの粒を整理していくような会社にしたいです。

ーあなたの仕事はどういう人が向いていると思いますか?

思ったことをそのまま論じることができる人が向いていると思います。

何かを感じた時に、なぜそう思ったのかを考えることはマーケターとして基本だと思うのですが、それを誰でも分かるように説明出来る人が、最もマーケターとして秀でていると思います。

ですので、そういった方が一番この仕事に向いていると思います。

テクロについて

ー テクロではバリューの一つに『揺るぎない納得度を届ける』と掲げていますが、そのために意識していることはありますか?

ロジックを説明することを意識しています。

前例のないことを進めていかなければならないのが僕の仕事だと思っているので、新しい施策を行う場合は、「その施策がなぜ必要で、どのような期待値があるのか」などを順番に説明することを心がけています。

ー テクロのもう一つのバリューとして掲げている『型にハマることなく、創意工夫して取り組む』ためにしていることはありますか?

この仕事で向いている人にも挙げましたが、思ったことや感じたことを説明するように心がけています。

「型にハマる」=「思い込みで話すこと」だと解釈しているので、今までの経験に囚われたり、誰かに遠慮する形にならないように、ファーストインプレッションで感じたことを、なぜそう思ったのかを加えて説明するようにしています。

ー テクロを一言で表すならば?

「人類進化論でいう、まだ少し背中が曲がっているところ」ですかね(笑)

かなり成長したタイミングで入社したとは思っていますが、まだまだ課題が大きいなと思います。

会社として一流になるためには課題が多く、その課題を1つでもクリアできるように動きたいです。

休日の過ごし方を教えてください

ーよく休日にしていることはなんですか?

音楽活動をよくしていて、土日は基本的にDJをしてます。

あとは作曲もしているので、空いた時間は作曲にあてたり、時間に余裕がある時はゲームをしていますね。もう何年も『ドラクエX』をプレイしてますが、全然飽きません。

ーそれにハマったきっかけはありますか?

元々機械やガジェットが大好きでしたし、幼少期からパソコンに触れていました。

高校生の時にバンドを組んでいたのですが、オリジナル曲のイメージをDTM(パソコンを使用して音楽を作成し、編集すること)で作ってメンバーに聴いてもらっていたことがきっかけで、パソコンで音楽を作ることを覚えました。

DJを始めたきっかけは、大人になってからクラブなどに足を運んだりすることがあり、DJが触っているツマミだらけの機械をどうしてもイジってみたいと思ったことです。

ー好きなコンテンツはなんですか?

ゲームとアニメが好きで、昔からどっぷり浸かっていました。

好きなアニメを聞かれたりすることも多いのですが、世界で一番難しい質問だと思っています(笑)

本当に好きなアニメがありすぎるのと、ジャンルごとでランキングがあると思っているので、結構迷ってしまうところです。

その中でも人にオススメしたいアニメは、『アルドノア・ゼロ』『映像研には手を出すな!』『みなみけ』ですね。

最後に一言お願いします

既に立派になった会社でもなく、立ち上げの真っ最中でもないという、なかなかレアなタイミングでテクロに入社できたなと思っています。

これから会社を大きくしていく上で必要になることを考えながら、新しいアイデアと堅実に固めていくところ、双方に幅を効かせながら働いていきたいです。

その他のメンバー