​ ​ BtoB企業向け|コンテンツマーケティング代行の活用ポイント | テクロ株式会社
お問い合わせ 資料請求

BtoB企業向け|コンテンツマーケティング代行の活用ポイント

ユーザーに価値のある情報を発信し、ファンの増加、商品・サービスの購入につなげるコンテンツマーケティング。

高い集客効果が期待できる一方で、継続的に実施する必要があります。

現在の業務にプラスして作業をするため、時間やリソースが足りずに悩んでいる企業もあるのではないでしょうか。

そのようなときにおすすめなのが、代行会社にアウトソーシングすることです。

今回は、BtoB企業向けに、コンテンツマーケティング代行会社に依頼するときのポイントを解説します。

費用相場やおすすめの企業も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

コンテンツマーケティングを代行会社に依頼する判断ポイント

コンテンツマーケティングを代行会社に依頼する判断ポイント

コンテンツマーケティングを代行会社に依頼するか迷ったとき、何を基準に判断すればいいのでしょうか。

判断ポイントを3つ紹介します。

社内リソースが足りない

1つ目の判断ポイントは、社内リソースが足りない場合です。

既存業務を遂行しながら、新たにコンテンツマーケティングを始めるのは大変です。

無理矢理始めると業務過多でパフォーマンスが落ちてしまい、既存業務に影響が出るおそれがあります。

このようなケースでは、一部、またはすべてをアウトソーシングするのがおすすめ。

通常業務を実施しながら、無理なく継続的にコンテンツを発信することが可能となります。

ノウハウがない

2つ目の判断ポイントは、社内にノウハウがない場合です。

コンテンツマーケティングで成果を出すには、良質なコンテンツ制作だけでなく、長期的な視点を持った運用が求められます。

また、変化するユーザーニーズに対応したり、Googleの最新アップデート情報を常にチェックしたりすることも必要。

このようなノウハウを身につけて、初めて競合他社と競り合えるのが現状です。

しかし、一からノウハウを身につけるには膨大な時間がかかります。

そのため、最初のうちは代行会社に依頼して、その中でノウハウを身につけるのがおすすめです。

成果が出ていない

3つ目の判断ポイントは、成果が出ていない場合です。

自社だけでコンテンツマーケティングに取り組んでいるときは、自社の弱点になかなか気づけないもの。

しかし、第三者に客観的に評価してもらうことで、成果が出ていない原因を割り出せることがあります。

その結果、方向修正でき、成果につなげられます。

コンテンツマーケティングを代行会社に依頼するメリット

コンテンツマーケティングを代行会社に依頼するメリット

次に、コンテンツマーケティング代行会社に依頼するメリットを3つ紹介します。

社内リソースを抑えて持続的にコンテンツを制作できる

コンテンツ制作には多くの作業が必要です。

例えばオウンドメディアを運用する場合、以下の作業が必要です。

  • キーワード選定
  • コンテンツ制作
  • 校正
  • アクセス分析
  • 広告運用

加えて、PDCAサイクルを回しながら、それぞれの質を高めていく必要があります。

特に、継続的に取り組むことが、大きな課題となることが多いです。

代行会社に依頼することで、社内リソースを抑えて、継続的にコンテンツを制作・発信できます。

ノウハウを得られる

代行会社に依頼することで、コンテンツマーケティングのノウハウを得られることがあります。

理由は、制作したコンテンツに対するフィードバックや、データを元に改善点のアドバイスをもらえるためです。

一度ノウハウが蓄積されると、代行会社との契約が終了しても、自分たちでPDCAサイクルを回しながら成長し続けられます。

予算が理由で一定期間しか依頼できない場合でも、代行会社を活用する価値はあります。

成果が出るまでの期間が短くなる

コンテンツマーケティングは成果が出るまで時間がかかります。

理由は、コンテンツを発信してから検索エンジンに評価してもらうまで、ある程度の時間が必要なためです。

そのため、ノウハウがない状態で取り組むと非常に危険です。

間違いに気づいて修正してから再度アップとなると、多くの時間を費やしてしまいます。

代行会社に依頼することで、自社で取り組むよりも早く成果を出せるようになります。

慣れないうちは、プロがどのようにして成果に結びつけているか、依頼して学ぶのがおすすめです。

BtoB向けのコンテンツマーケティング代行会社の選び方

BtoB向けのコンテンツマーケティング代行会社の選び方

続いて、コンテンツマーケティング代行会社を選ぶポイントを5つ紹介します。

ワンストップ型か、スポット型か

まずは、ワンストップ型かスポット型か、どちらに依頼するか決めましょう。

ワンストップ型

ワンストップ型とは、コンテンツマーケティングのすべての工程を依頼できる代行会社のことです。

以下のようなメリットがあります。

  • 社内リソースが足りなくてもコンテンツマーケティングに取り組める
  • 社内にノウハウを蓄積できる

スポット型

スポット型とは、部分的に依頼できる代行会社のことです。

以下のようなメリットがあります。

  • コストを抑えられる
  • 自社の専門性を活かしたコンテンツ作りができる

過去の実績・得意分野

コンテンツマーケティング代行会社の選び方が難しい理由の1つに、制作物が納品されるまで品質が分からないことがあります。

そのため、過去の実績や得意分野を把握して、求めるクオリティと乖離していないかチェックしておきましょう。

ちなみに、得意分野は「ジャンル」と「領域」に分けて確認するのがおすすめです。

  • ジャンル:記事そのものの種類のこと(例:SNS、コンテンツSEOなど)
  • 領域:展開する情報のテーマのこと(例:ビジネス、飲食、ホビーなど)

コンテンツ制作体制

代行会社によって、コンテンツ制作体制は異なります。

主に以下の2種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

<社内に専属ライターを抱えている場合>

  • メリット:専門性の高いコンテンツを制作できる
  • デメリット:コストがかかる

<クラウドソーシングなどでライターを募集している場合>

  • メリット:コストを抑えられる
  • デメリット:ライターによってコンテンツの品質に差が生じる

サイトや課題、コンテンツの良し悪しの基準によって、どちらの体制が適切かは異なります。

予め、社内で確認しておきましょう。

中途解約ができるか

代行会社に依頼する前に、必ず中途解約ができるか、確認しておいてください。

もし思うような成果を上げられなくても、中途解約できないと予算の無駄になります。

最悪の場合トラブルになってしまうので、中途解約の有無は必ず確認しておきましょう。

SLAの有無

SLA(Service Level Agreement)とは、サービスを提供する事業者が契約者に対し、内容を保証するための契約です。

契約者側は、最低限どのくらいの品質を担保してもらえるか、知れます。

要は「品質保証」です。

もし出来上がったコンテンツが一定水準以下であった場合は、料金の減額や返金、解約などができることもあります。

良質なコンテンツを発信するためにも、ぜひSLAの有無を確認しておいてください。

BtoB向けのコンテンツマーケティング代行会社の費用相場

BtoB向けのコンテンツマーケティング代行会社の費用相場

コンテンツマーケティングを依頼するときの費用相場は、概ね以下の通りです。

  • サイト設計:3~10万円
  • サイト制作:10~50万円
  • コンテンツ制作:SEO記事の場合、文字単価3~6円
  • アクセス分析:15~100万円
  • ランニングコスト:月額1万円程度
  • 運営代行:月額5~30万円

依頼するときは複数社に見積もりを取り、施策内容と費用を照らし合わせながら検討しましょう。

BtoB向けのコンテンツマーケティングの費用相場は、以下の記事で詳しく解説されています。

ぜひ参考にしてください。

おすすめの関連記事:BtoB向けコンテンツマーケティング費用相場と施策例

おすすめのBtoB向けのコンテンツマーケティング代行会社

おすすめのBtoB向けのコンテンツマーケティング代行会社

最後に、おすすめのBtoB向けのコンテンツマーケティング代行会社を3つ紹介します。

テクロ株式会社

テクロ株式会社

引用:テクロ株式会社

弊社テクロでは、「伴走型Webマーケティングプラン」と「伴走型Webチーム育成」の2つのサービスを提供しています。

特徴は以下の通りです。

  • 集客から顧客獲得まで一緒に手を動かしてプロジェクトを進める
  • 依頼主企業の課題や目標を丁寧にヒアリングし、同じ目線でマーケティングに取り組む

オウンドメディア運用やチームビルドを考えている方は、ぜひご相談ください。

参考:テクロ株式会社ホームページ実績紹介

ナイル株式会社

ナイル株式会社

引用:ナイル株式会社

ナイル株式会社は、コンテンツマーケティングにおいて多数の実績を誇る大手企業です。

特徴は以下の通りです。

  • SEO・コンテンツ・分析の各分野に専門家が在籍し、確かなスキルと知識を持つ
  • データに基づいて論理的な提案してくれる
  • しっかりとコンバージョンするまでサポートしてくれる

自社のSEOスキルを活かしたウェビナーも開催しています。

実績十分な代行会社を探している方におすすめです。

参考:ナイル株式会社ホームページ実績紹介

株式会社バリューエージェント

ターゲットメディア株式会社

引用:株式会社バリューエージェント

株式会社バリューエージェントは、大阪市に本社を置く代行会社です。

特徴は以下の通りです。

  • 訪問取材ではなく電話取材がメインのため、価格が安い
  • 専門チームの協力体制がとれており、複合的な戦略を立案できる

費用対効果を重視している方は、ぜひチェックしてみてください。

参考:株式会社バリューエージェント実績紹介

なお、以下の記事ではコンテンツマーケティングに強い会社について、詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

おすすめの関連記事:コンテンツマーケティングに強い会社11選(2022年最新)選び方のポイントも解説

まとめ:BtoB向けのコンテンツマーケティング代行会社を活用しよう

BtoB向けのコンテンツマーケティング代行会社を活用しよう

今回は、BtoB向けのコンテンツマーケティング代行会社の

  • 依頼する際の判断ポイント
  • 依頼するメリット
  • 選び方
  • 費用相場
  • おすすめの代行会社

について解説しました。

これからBtoB向けのコンテンツマーケティングに取り組む方は、代行会社に依頼するのがおすすめです。

ぜひ今回解説した内容を参考に、自社の取り組みに合う代行会社を見つけてください。

なお、テクロ株式会社では、伴走型のWebマーケティング支援を提供しています。

BtoBマーケティングの入門書」も発行していますので、自社のマーケティング活動にお役立てください。

更に詳しく解説しているお役立ち資料を見る

BtoBマーケティングの入門書

BtoBマーケティングの入門書

BtoBマーケティングの具体的な施策とテクロが実践している事例を解説していきます。

ダウンロード
Webマーケティングの教科書

Webマーケティングの教科書

企業が抱えるWebマーケティングの課題と解決方法を解説しています。

ダウンロード
Webマーケティングの成功事例集

Webマーケティングの成功事例集

フェーズごとのWebマーケティングの施策がわかる成功事例集を紹介しています。

ダウンロード