池野 颯⼈

2020.07.16

現在の仕事について

ー 現在はどういった仕事をされていますか?

主にWEBディレクションとSEOコンサルになります。
WEBディレクションでは新規メディアの構築について、要件定義から仕様書の策定、エンジニアへの橋渡しのような役割を行っており、SEOコンサルでは既存のメディアの改善提案をする形で仕事をしています。

ー ディレクションでは分かりやすく細かな策定や説明が必要になると思いますが、気をつけていることはありますか?

池野さん_インタビュー

そうですね、一つは「サイトを使うユーザーの立場に立って考えてみる」ことです。
検索結果からサイト、コンバージョンまでの動きをイメージすることで足りない部分を洗い出すことが出来ると思います。

もう一つは、「仕様書を柔軟にする」ことかと思います。どうしても、最初の段階で全ての仕様を完全に盛り込むことは難しく、プロジェクトを進めていくうちに必要なものが見えてくる場合があります。そういった時でもきちんと全部拾って盛り込んでいく柔軟性が大事だと思っています。

ー この仕事をしていて良かったことはありますか?

やはり最前線で活躍されている方々と直に仕事が出来ることですね。
なかなか持つことのできない貴重な機会に恵まれていて、自分自身学ぶところが多くあるので本当に良かったです。

ー 仕事で楽しい瞬間はありますか?

池野さん_インタビュー

クライアントさんからお礼の言葉や「助かっているよ」というメッセージをいただいた時は本当に嬉しかったですね。
それから施策の成果が数字や見える形で反映された時も嬉しいですし、WEBマーケは仕事自体が楽しいです(笑)

ー 逆に仕事が苦しい・辛いという瞬間はありますか?

SEOコンサルの仕事ではあまり無いのですが、ディレクションの仕事だと調整の場面が多く、それがうまくいかない時ですね。
例えばクライアントさんにいただいた要望に開発サイドでどうしてもお応えできない場合があったり…そういったときはすごく苦しいです。

テクロについて

ー テクロではミッションの一つに『揺るぎない納得度を届ける』と掲げていますが、そのために意識していることはありますか?

クライアントさんに納得していただくためにしていることと言えば、即レスで丁寧にご説明することですね。
今までも細かい確認点や疑問点をきちんと拾って丁寧な説明をして進めるということはやっていたのですが、テクロでは即レスする文化があって。
当たり前のことかもしれませんが大事なことだと再認識するようになりました。

ー テクロのもう一つのミッションとして掲げている『型にハマることなく、創意工夫できる環境を作る』ためにしていることはありますか?

社外に対しては、これも当たり前のことかもしれませんがクライアントさんの要望全てを鵜呑みにするという意識より、その先のユーザーや目的を意識したサイトを作ることで創意工夫の余地が自然と生まれてくるだろうと思っています。
そういったところで妥協することなく提案はしていきたいですね。

池野さん_インタビュー

当然社内に対しても納得してもらえないとプロジェクトは進んでいかないので、そのためにもクライアントさんの要望がしっかりと伝わる丁寧な仕様書を作ることは意識しています。自分を介してもサイトの目的やターゲットがブレないようにきちんと伝えたいと思っています。

ー テクロを一言で表すならば?

二つあるのですが、まずは将来がめちゃくちゃ楽しみな会社ということですね。
すごい熱量とメンバーによって会社も今伸びてきていて、三年後、五年後どうなっているんだろう、とワクワクします。

もう一つは、メンバーが良い、です。
プロフェッショナルが集まっている感じですが、それぞれが強みとなる個性とバックグラウンドを持ち寄っていて、それでいて当たり前のこともきちんとやる、信頼される集団だと思います。

一言では言えなかったですね…(笑)

最後に

テクロは今、ありがたいことに案件もどんどん増えていて、口コミとかもそうでしょうし信頼されている会社なのだと感じます。今後さらに案件が増えていく中でもきちんと結果を出して信頼され続ける会社であるよう、客観的な目線を大事にしながら頑張っていきたいと思います。