​ ​ SEOと文字数の関係とは?評価されるコンテンツを作る5つのコツ | テクロ株式会社
お問い合わせ 資料請求

SEOと文字数の関係とは?評価されるコンテンツを作る5つのコツ

SEOを行うにあたり、情報を分かりやすく伝えるための文章は不可欠です。

しかし、どれくらいの文字数になれば検索アルゴリズムに評価されるのか、疑問に思う方も多いでしょう。

記事の執筆を外注する際にも、あらかじめ文字数を決めておかなければ、予算や記事のクオリティ管理が難しくなります。

そこで今回は、SEOと文字数の関係性について解説します。

これからWebコンテンツを使って集客をしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、テクロ株式会社では「公開前に確認するべき記事チェックリスト」を無料で配布しています。

自社サイトで安定して質の良い記事を作りたいBtoB企業様はぜひご確認ください。

cta banner ダウンロードはこちら

文字数はSEOに関係がない

結論からいえば、SEOにおいて文字数はほとんど関係ないと考えられています。

ここでは、SEOと文字数の関係を詳しく見ていきましょう。

文字数の多さは検索順位に影響しない

冒頭で解説した通り、コンテンツの文字数はSEOにほとんど関係ないことが分かっています。

つまり、コンテンツの文字数の多さによって検索順位に影響することはないのです。

SEOにおいて重要なことは、ユーザーが求める情報がしっかりとコンテンツに盛り込まれていることです。

いくら文字数が多いコンテンツでも、ユーザーの検索意図に関係ない内容が多く盛り込まれている場合は、検索エンジンの評価が悪くなることもあります。

Googleでも文字数ではなく、テーマの目的を満たすコンテンツ量が必要だと解説されています。

テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する

高品質のコンテンツを作成するには、時間、労力、専門知識、才能 / スキルのうち少なくとも 1 つが十分にあることが必要です。コンテンツが事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを確認してください。したがって、たとえばページでレシピを紹介する場合は、食材のリストや料理の基本的な説明だけでなく、手順がよくわかる詳細な料理方法を説明します。

引用:Google検索セントラル「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

検索アルゴリズムは写真から情報を読み取ることが苦手です。

説明をすべて画像だけにしてしまうと、うまく評価されないこともあります。

適切にSEOを実施するためには、ユーザーの検索意図に合わせて、求められるユーザーをもれなくコンテンツに組み込むことが重要です。

必要な文字数はキーワードによって変化する

SEOを行うにあたり、必要な文字数はキーワードによって変化します。

ユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツが評価されやすいという都合上、検索されるキーワードに合わせて盛り込む情報量が変化するからです。

また、必要な情報がしっかりと盛り込まれているかを判断する網羅性も必要になります。

ユーザーがキーワードを検索することで知りたい情報を、過不足なくコンテンツに盛り込むことが重要です。

競合サイトなどを参考にしながら、ユーザーが知りたいと考えているキーワードについて、しっかりと情報を伝えられるコンテンツを目指しましょう。

不用意に文字数を増やすとかえって逆効果に

すでに解説した通り、効果的なSEOを実施する場合は、ユーザーの検索意図に合わせた情報を過不足なく盛り込むことがポイントです。

しかし、網羅性を高めようとすることで、不要な情報までコンテンツに盛り込んでしまうケースも見受けられます。

SEOにおいて、ユーザーの検索意図に合わない不要な情報を含めることは、かえって検索エンジンの評価を悪くする可能性もあるのです。

ユーザーが求める必要な情報だけに絞って、充実したコンテンツになるように努めましょう。

SEOコンテンツの文字数を設定する方法

SEOコンテンツに文字数が関係ないとはいえ、記事の作成を外注したり、予算を設定したりする都合上、あらかじめある程度の文字数を決めておきたいケースもあります。

そのようなときは、競合サイトの文字数を参考にすることがおすすめです。

検索サイトの上位に表示されているサイトは、ユーザーの検索ニーズを満たす情報が網羅されており、SEOの成功事例ともいえます。

そのため、検索結果の上位サイトの文字数を平均化することで、ある程度の目安にできます。

ただし、サイトの内容をコピーすることは、サイトの評価を著しく下げることにもなりますので、文字数やどのような情報が盛り込まれているかの参考にすることがおすすめです。

SEOに必要なこと

SEOライティングで重要なポイント

ここまではSEOと文字数がほとんど関係ないことを紹介しました。

ここから、文字数以外に必要な情報について解説します。

ユーザーの検索ニーズを満たす

効果的なSEOを行うためには、ユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツを作成することがポイントです。

GoogleやYahoo! JAPANなどの検索サイトを利用するユーザーは、何らかの目的を持ってキーワードの検索を行います。

主に以下のようなニーズです。

  • 知りたい:キーワードについて詳しく知りたい
  • 解決したい:困りごとを解決したい
  • 行きたい:特定のサイトに行きたい
  • 買いたい:キーワードに関連するものを買いたい

例えば、「SEO とは」というキーワードで検索を行うユーザーは、SEOがどういったものなのかを知りたいというニーズが考えられます。

つまりコンテンツ内で、具体的にSEOがどのようなものかを解説する必要があります。

ユーザーのニーズに合った、適切な情報をしっかりと盛り込んだコンテンツを作成しましょう。

検索ニーズを満たす十分な網羅性

ユーザーの検索ニーズを満たすためには、必要な情報を盛り込む網羅性も必要です。

例えば「東京 観光スポット」キーワードの場合、ユーザーは東京の観光スポットについて知りたいというニーズが考えられます。

これに対して、「東京タワー」「東京ドーム」「東京駅」だけを紹介するコンテンツを作成したらどうなるでしょうか。

東京にはほかにもさまざまな観光地がある中で、紹介するスポットが3つだけというのは、明らかに情報量が不足しています。

実際に検索サイトで「東京 観光スポット」で検索してみると、上位サイトでは69箇所もの観光スポットを紹介しています。

このように、どれだけの情報を盛り込む必要があるかについては、競合サイトを参考にすることがおすすめです。

上位表示されているサイトは、検索エンジンによって評価されている成功事例ですので、どれだけの情報が必要なのかを参考にできます。

網羅性の高いコンテンツを作成する5つのコツ

ここからは、先程も紹介した網羅性についてさらに詳しく紹介します。

コンテンツがどれだけ充実しているかは、検索順位に大きく影響するポイントでもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

コツ1.Googleのコンテンツに対する考え方を知る

効率よくSEOを行うためには、Googleのコンテンツに対する考え方を知る必要があります。

つまり、Googleがどのようなコンテンツを評価していて、優先的に検索結果の上位に表示しているのかを正しく理解することが重要です。

Googleは、検索順位の決定方法について公開していません。

しかし、Googleのポリシーには以下のような項目が掲載されています。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3. 遅いより速いほうがいい。
4. ウェブ上の民主主義は機能する。
5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10. 「すばらしい」では足りない。

引用:Google「Google が掲げる 10 の事実

やや抽象的な内容ですが、総じてユーザーの利益になるコンテンツを評価する傾向にあるといえます。

そのため、効果的なSEOに取り組むためには、ユーザーに有益な情報を伝えられるコンテンツを目指すことがポイントです。

コツ2.競合サイトの情報をチェックする

より網羅性の高いコンテンツを作成するためには、競合サイトを参考にすることも有効な手段です。

検索結果の上位に表示されているサイトは、ユーザーの検索ニーズに応え、十分な情報量が盛り込まれており、検索エンジンから高い評価を得ているといえます。

つまり、SEOにおける成功事例といえるのです。

競合サイトに掲載されている情報をチェックすることで、以下のような情報を読み取れます。

  • 検索キーワードのユーザーニーズ
  • どのような情報を盛り込むべきか
  • どの程度の文字数が必要になるか

その他にも、コンテンツが検索エンジンに評価されるためのヒントが得られるでしょう。

ただし、競合サイトを参考にすることによって、コンテンツのコピー率が高くなってしまうことがあります。

競合サイトを参考にする場合は、ツールなどを活用することでコンテンツのコピー率などをチェックするようにしましょう。

コツ3.ユーザーニーズをしっかりと理解する

効果的なSEOを行うためには、しっかりとユーザーニーズを理解することが重要です。

網羅性の高いコンテンツを作成したとしても、内容がユーザーの検索ニーズに応えていなければ、検索結果の上位に表示されることは難しいです。

すでに紹介した通り、ユーザーは何らかの意図を持って検索エンジンを利用します。

そのニーズに応えるコンテンツを作ることが、SEOを実施する上で必要です。

Googleはユーザーにとって有益なサイトを評価する傾向にあることから、ユーザーの意図をしっかりと汲み取り、コンテンツ制作に反映させるようにしましょう。

コツ4.E-E-A-Tを満たすコンテンツを作成する

効果的なSEOを実施するためには、E-E-A-Tという基準を満たすことも重要です。

  • Experience(経験・体験)
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trust(信頼性)

Googleは「検索品質評価ガイドライン」において、コンテンツ評価の仕組みを公開しています。

検索品質評価ガイドラインに基づけば、コンテンツには先に紹介した4つの要素が必要であることが明記されているのです。

ただ情報をまとめるだけでなく、専門性の高い記事や専門家による意見を踏まえるなど、コンテンツに工夫を施すことで、より検索結果の上位に表示されるコンテンツを作成できます。

コツ5.1つのコンテンツにつきテーマを1つに絞る

コンテンツを作成するときは、キーワードの検索ニーズに合わせた1つのテーマに絞ることがおすすめです。

テーマが複数に分散してしまうと、ユーザーに伝えるべき情報が散らかってしまい、不要な情報が含まれてしまうことがあります。

結果として、ユーザーニーズを満たせずに、検索エンジンからの評価が悪くなってしまう可能性もあるでしょう。

テーマを1つに絞るためには、上位表示を狙う検索キーワードを絞ることも重要です。

ビッグキーワードよりも、ロングテールキーワードの方がよりテーマを絞りやすくなります。

キーワード選定について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事:SEO対策におけるキーワードの選定方法 | 手順やおすすめツールを紹介

文字数は気にせずにより良いコンテンツを作る

今回はSEOと文字数の関係について紹介しました。

効果的なSEOに取り組むためには、文字数よりもユーザーニーズと網羅性を意識したコンテンツ作成が重要です。

なぜユーザーが対象のキーワードを検索したのかをしっかりと理解し、ユーザーにとって有益な情報を届けられるようにしましょう。

弊社テクロ株式会社では「公開前に確認するべき記事チェックリスト」を無料で配布しています。

これからコンテンツ作成をしていく方は、ぜひ参考にしてみてください。

cta banner ダウンロードはこちら

更に詳しく解説しているお役立ち資料を見る

BtoBマーケティングの入門書

BtoBマーケティングの具体的な施策とテクロが実践している事例を解説していきます。

ダウンロード

Webマーケティングの教科書

企業が抱えるWebマーケティングの課題と解決方法を解説しています。

ダウンロード

Webマーケティングの成功事例集

フェーズごとのWebマーケティングの施策がわかる成功事例集を紹介しています。

ダウンロード