• ブログ

【レベル別】Webマーケティングを学べるおすすめの本30選

2020.10.25

Webマーケティングは、実はWebマーケター以外の職種でも知っておいたほうがいい知識の1つです。

そのWebマーケター以外の職種は、「Webデザイナー」や「Webエンジニア」などのクリエイター職の方々にあたります。

ただし Webマーケティングに関する書籍は多く、

どの本が自分のレベルに合うかわからない…。

と悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回は初心者・中級者・上級者向けに Webマーケティングの勉強におすすめな本を紹介していきます。

Webマーケティングの本を選ぶポイント

おすすめの本をご紹介する前に選ぶ際のポイントをまずは抑えておきましょう。

長く売れている本や常に人気のある本はもちろんおすすめですが、中でも抑えておきたいのが、「SEO対策の分野を理解して本を選ぶ」ことです。

というのも、SEO対策といっても対策は1つだけではありません。

  • 内部対策
  • 外部対策
  • コンテンツ対策
  • SNS対策

などさまざまです。

あなたが学びたい対策の分野はなにか。
社内で担当する分野はどれか。
もしくは総合的に知識を持ち合わせておくべきなのかはあなたの状況や企業が検討している対策によって異なります。

まずはあなたの担当する業務やSEO対策の分野を把握し、それにあった本を選ぶのが最優先です。

【初心者向け】Webマーケティングを学ぶのにおすすめの本

ここでは、すぐにでも学習が始められやすい初心者向けの本を12冊紹介していきます。

はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義
マンガでわかるWebマーケティング
いちばんやさしいデジタルマーケティングの教本 人気講師が教えるメディアと販促の新しい基礎
すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技
沈黙のWebマーケティング
いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り
なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?― 3Cで強化する5つのウェブマーケティング施策
最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書
これからはじめるSEO内部対策の教科書
SNSマーケティングのやさしい教科書。 Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術
10年つかえるSEOの基本
現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】

それぞれの特徴を参考に、自分に合う1冊目を探してみましょう。

初心者におすすめの本①:はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

引用:はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

この本は Webマーケティングの基礎知識について、わかりやすく丁寧に解説している1冊です。

図やイラストを使いながら講義形式で解説されており、理解度をチェックするための穴埋め問題も組み込まれています。

「 Webマーケティングとは?」のような初歩的な内容から始まり、講義が進むにつれてSNSやアプリ、動画などを活かした Webマーケティングの仕組みをそれぞれ学習できるのが特徴です。

最新のWebマーケティング情報についても言及しているので、業界の動向も知ることができます。

Webマーケティングの全体像を掴むのには最適な入門書で、こから Webマーケティングの学習を始める方には、この本からスタートすることをおすすめします。

タイトル

はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

著者

押切 孝雄、上田 大輔

価格

1,833円(Kindle版)

購入URL

Amazon

初心者におすすめの本②:マンガでわかるWebマーケティング

引用:マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 Webマーケッター瞳の挑戦!

Webマーケティングの本質や全体像がマンガで描かれているので、活字が苦手な方でもはじめやすいです。

とある企業での Webマーケティング戦略のストーリーに沿っているため、実践ベースで知っておくべき知識から、問題発生時の切り返し、対応までも解説されています。

また、近年のデジタルマーケティングに対応したほか、著者の実体験やインタビュー取材に基づいているため、よりリアルな現場での実際に役立つノウハウを効率よく学べます。

短時間で業務に役立つWebマーケティングの習得が必要とされる方におすすめの1冊です。

タイトル

マンガでわかるWebマーケティング

著者

村上 佳代 (著), ソウ (イラスト)

価格

1,980円(定価)

購入URL

Amazon

初心者におすすめの本③:いちばんやさしいデジタルマーケティングの教本 人気講師が教えるメディアと販促の新しい基礎

引用:いちばんやさしいデジタルマーケティングの教本 人気講師が教えるメディアと販促の新しい基礎 「いちばんやさしい教本」シリーズ

Webマーケティングの全体像を、実務と教養の両面から解説している本です。

図やグラフが使われており、例示も豊富で比較的読み進めやすい1冊です。

「トリプルメディア」という考え方に沿った課題解決や、顧客に関する情報のまとめ方などのマーケティング基礎だけでなく、実務でも活かせる情報が集まっています。

「トリプルメディア」とは、

  • オウンドメディア(自社Webサイト)
  • ペイドメディア(広告)
  • アーンドメディア(ソーシャルメディア)

の3つのメディアを分類してWebマーケティングを行う考え方です。

初心者で、Webマーケティングを実践的に学びながら取り組みたい方や、企業担当者におすすめです。

タイトル

いちばんやさしいデジタルマーケティングの教本 人気講師が教えるメディアと販促の新しい基礎

著者

田村 修

価格

2,178円

購入URL

Amazon

初心者におすすめの本④:すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技

引用:すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技

Webマーケティングに共通する大原則を伝えてから、それぞれの内容を細かく解説しています。

Webコンテンツ制作、SEO施策をメインにSNSの運用や広告運用などWebマーケティングの実践的なノウハウが集結している1冊です。

多少厚みのある本ですが、Web集客についてを一通り網羅できます。

本書を一通り読んだ後に、学んだことを実践することができる、具他的なテクニックも組み込まれた実用書です。

  • Webマーケティング全体の基本を知りたい
  • Webマーケティングを効率的にしたい
  • Webマーケティングで何をどうしたらいいのかわからない

というような、 Webマーケティングの初学者やすでにある程度知識を持った中級手前の方でもおすすめします。

タイトル

すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技

著者

山田 竜也

価格

2,508円

購入URL

Amazon

初心者におすすめの本⑤:沈黙のWebマーケティング

引用:沈黙のWebマーケティング -Webマーケッター ボーンの逆襲- ディレクターズ・エディション

Webマーケターが必ず押さえておくべき事柄を解説する実用入門書です。

マンガと小説の間をとったような描写で、ストーリーに沿った会話が特徴的なため、本の厚さや表紙からは感じられない読みさがあります。

SWOT分析(自社サイトや商品が他社に比べてどのような強み、弱みを持っているのかを分析する手法)を用いた Webマーケティングや、SNS運用の原則についてがわかりやすく解説されています。

WebマーケティングでSNSの運用や広告運用の技術を活かす前に、SWOT分析を行い、Webサイトなどのコンテンツを作成する準備が必要となります。

そのため、これからWebページを作ってマーケティングを始める方におすすめの1冊です。

タイトル

沈黙のWebマーケティング

著者

松尾 茂起 (著), 上野 高史 (イラスト)

価格

3,700円(定価)

購入URL

Amazon

初心者におすすめの本⑥:いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り

引用:いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り 「いちばんやさしい教本」シリーズ

コンテンツマーケティングの入門者・初心者が、大まかな概念から具体的なプランに沿った実践方法までを網羅的に学べる1冊です。

インターネットやスマホを活用した販売手法が拡大していく中、膨大な数の情報からいかに、興味を持ってコンテンツを読んでもらえるかをさまざまな視点でわかりやすく述べられています。

売り込みをしなくとも、自然と顧客が集まるノウハウがわかり、「読者→ファン→顧客」へと変わるメカニズムについても詳しく説明しています。

  • 広告やSNSによる集客効果に疑問を感じている
  • SEOの知識をビジネスに結びつける方法がわからない
  • 最新のマーケティングトレンドを知りたい

こういう考えや疑問、不安を感じている方や企業におすすめです。

タイトル

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り

著者

宗像 淳 (著), 亀山 將 (著)

価格

1,958円

購入URL

Amazon

初心者におすすめの本⑦:なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?― 3Cで強化する5つのウェブマーケティング施策

引用:なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか??? 3Cで強化する5つのウェブマーケティング施策

どのようにして,戦略を立てるのか、戦略を生かしたマーケティングとはどのように行うのかを、7名の著者がそれぞれ広告運用やSNS運用、SEO対策について解説しています。

曖昧ではっきりしないニーズ・ウォンツを具体的な施策に転換する思考分析「3Cフレームワーク」をベースに、Webサイトの活性化に役立つ情報も記載されています。

「3Cフレームワーク」とは

Customer:市場・顧客
Competitor:競合
Company:自社

のそれぞれ頭文字をとった分析方法です。

顧客ニーズとWebサイトの戦略の目的、機能仕様やコンテンツ要求の要件、Webサイトの構造の組み立て方を包括的に学習することができます。

企業のWeb

担当者,オンラインショップ経営者におすすめです。

タイトル

なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?―― 3Cで強化する5つのウェブマーケティング

著者

後藤裕美子 権成俊, 村上佐央里, 木村純, 鳴海拓也, 春日井順子, 佐藤晶子 著,株式会社ゴンウェブコンサルティング 監修

価格

1,980円

購入URL

Amazon

初心者におすすめの本⑧:最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書

引用:最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書

いわゆるWebマーケティングの教科書とも言える1冊です。

この本はWebマーケティングの基本的な知識を網羅しているだけではなく、Web広告の種類、SEO対策の方法、SNSの活用術などWebに関する知識まで幅広く解説さています。

そのため、Webサイトを作ってみたけどWebマーケティングは何から始めればいいかわからないという方でも容易に始められのが特徴的です。

初心者が陥りがちな疑問からSNSを活用した戦略で売上を1,2倍まで伸ばした花屋の具体例を踏まえた解説まで、全体像を理解することができるでしょう。 

Webマーケティング経験者も読み返すことで基本にかえることのできる教科書です。

Webサイトから顧客を集客したいけど、始め方がわからない方や節約しつつ最速最短に知識を身に付けたい方におすすめです。

タイトル

最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書

著者

西俊明

価格

1,780円

購入URL

Amazon (Kindle版)

初心者におすすめの本⑨:これからはじめるSEO内部対策の教科書

引用:これからはじめる SEO内部対策の教科書

SEOの内部対策について解説されている1冊です。

内部対策とは、Googleに評価されやすいサイト構造を作り上げることを指します。

本書では、タイトルタグ、ディスクリプションタグ、見出しタグなどの重要なHTMLタグまわりの文言を最適化したり、SEOキーワードを設定することなどがメインとなる対策について具体的に学習できるでしょう。

いかに検索エンジンに認識されやすいWebページを完成させることがポイントです。

SEO対策と言えば、Webライティングについて解説している書籍やブログが目立つためか、内部対策に関する情報を習得する人は比較的まだ多くはないようです。

内部対策を怠ってしまわないよう、本書の内容を参考にGoogleに評価されやすいサイト作りを心がけることをおすすめします。

タイトル

これからはじめるSEO内部対策の教科書

著者

瀧内 賢

価格

3,980円(定価1,880円)

購入URL

Amazon

初心者におすすめの本⑩:SNSマーケティングのやさしい教科書。 Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術

引用:SNSマーケティングのやさしい教科書。改訂新版 Facebook・Twitter・Instagram─つながりでビジネスを加速する最新技術

ビジネス用としてFacebook、Twitter、Instagramをはじめとした主要SNSアカウントを、運用する際のWebマーケティングのノウハウがまとめられた本です。

それぞれのSNSの特徴を捉えながら、どのサービスが自社や商品と適合するかを導き出すための手法が解説されています。

専門用語についても解説してくれているので、SNSやマーケティングの初心者にも分かりやすい内容となっています。

SNSアカウントの運用方法、マーケティングへの活用方法は、身近なようで意外と方法がわからないものです。

どのSNSを活用すれば効果的かも悩ましいため、

  • SNS運用は何をすればいいのか
  • SNSをどう活用すれば効果的なマーケティングができるのか

という本質的な疑問や不安を抱く方や企業におすすめの1冊です。

タイトル

SNSマーケティングのやさしい教科書。 Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術

著者

清水将之

価格

2,310円

購入URL

Amazon

初心者におすすめの本⑪:10年つかえるSEOの基本

引用:10年つかえるSEOの基本

SEOの目的や検索エンジンの仕組みなどに重点を置いた入門書です。

そもそもSEOとは何か」といった基本的な内容から丁寧に解説されているので、SEOの本質や目的意識がしっかり学べます。

また専門用語をわかりやすく説明ていたり、対話形式の内容で非常に理解しやすいので最初に読む1冊としておすすめです。

SEO対策についてにある程度学習した方や技術寄りの方でも、SEOの本質を振り返るのに役立ちます。

そのため Webマーケティングの基本的な知識をすでに習得した方にもおすすめです。

トレンドや検索エンジンの仕様変更はあるものの、基本的なSEOは短期的な対策ではなく、長期的な目線での対策という考え方は変わりません。

そうした基礎をしっかり理解しておくことで、今後の変化にも柔軟に対応できるため、一度知識をブラッシュアップして、10年後も使える知識にしていきましょう。

タイトル

10年つかえるSEOの基本

著者

土居 健太郎

価格

1,628円

購入URL

Amazon

初心者におすすめの本⑫:現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】

引用:現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】

Webマーケティングの初心者向けに書かれており、特にWebサイトの分析や改善方法を学ぶことができる1冊です。

基本的な知識をある程度身につけた後、実際にどのようにサイトの分析や改善をしたら良いのかを、実際の企業の事例や数字を使って解説しています。

そのため、自分で作業するイメージを持ちながら本書を読み進めることが可能です。

どう Webマーケティングを使えばいい方がわからない方が多い中で、KPIやコンバージョンを意識した施策の設計から、PDCAの回し方、Googleアナリティクスを活用した分析手法の重要なポイントなどが、わかりやすく記載されています。

 Webマーケティングの効果測定を検証し、分析・改善を繰り返していく技術を身に付けたい方におすすめです。

タイトル

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】

著者

小川 卓

価格

3,278円(定価)

購入URL

Amazon

【中級者向け】Webマーケティングを学ぶのにおすすめの本

次に、中級者向けに以下の11冊を紹介していきます。

アドテクノロジーの教科書
新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方
the four GAFA 四騎士が創り変えた世界
電通デジタルのトップマーケッターが教える デジタルマーケティングを成功に導く10の定石
コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則
マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方
ランディングページ・デザインメソッド WEB制作のプロが教えるLPの考え方、設計、コーディング、コンテンツ制作ガイド
自社のブランド力を上げる! オウンドメディア制作・運用ガイド
使えないとアウト! 30代からはマーケティングで稼ぎなさい (Asuka business & language book)
ストーリーマッピングをはじめよう
メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識 (生きる技術!叢書)

初級者向けでは物足りない方や、すでにお持ちの知識をさらに深めたい方はこの中級者向けから探してみてください。

中級者におすすめの本①:アドテクノロジーの教科書

引用:アドテクノロジーの教科書 デジタルマーケティング実践指南

インターネ―ネット広告技術であるアドテクノロジーについて、Web広告の歴史から国内や海外の事例、用語の解説までを詳しく網羅できる1冊です。

Webマーケティングにおけるリスティング広告や、ディスプレイ広告などをこれから勉強しようとする初心者でもわかりやすく解説されています。

また、中級者以上のWebマーケターにとっても、とっさに思い出せない単語や意味をサッと引ける百科事典・辞書のような使い方もできるのが特徴的です。

広告運用を検討する方や企業はもちろん、デジタル分野へ新規参入を考えている代理店、デジタルマーケティングに興味を持つ方や、経済・経営学を専攻とする学生など、幅広い分野で活躍できる本なので、非常におすすめです。

タイトル

アドテクノロジーの教科書 デジタルマーケティング実践指南

著者

廣瀬信輔

価格

2,420円

購入URL

Amazon

中級者におすすめの本②:新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

引用:新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方 (角川書店単行本)

アメリカ企業大手にコンサルタントとして協力してきたマーケターであるジェイ・エイブラハム氏の本です。

少ない資本で多くの収益を上げるノウハウなどが紹介され、効果的なマーケティングとは何かが学べます。

Webマーケティングをより深く理解し、ビジネスにおいてWebマーケティングを使いこなせるようになるには、マーケティングの普遍的な理論を学ぶことが重要です。

それに加え、本書からは顧客を理解し、強みを発見し、ターゲットを絞りつつ顧客と顧客のお客様の関係性を構築していくために必要な大原則を習得できます。

具体例が豊富でビジネスに生かしやすいので、プランニングにおける重要な考え方や分析力を高めたいマーケターにおすすめの1冊です

タイトル

新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

著者

ジェイ・エイブラハム  (著),小山 竜央 (監修)

価格

2,310円(定価)

購入URL

Amazon

中級者におすすめの本③:the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

引用:the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

デジタル技術で世の中を大きく変革したGoogle、Apple、Facebook、Amazonのそれぞれ頭文字をとった「GAFA」について解説された本です。

この本は、GAFAの商品やサービスがなぜそもそもこれほどの大きな力を得るようになったのか、そして具体的に世界をどう変化させたかや、今後私たちが変化した世界の中でどう生きればよいのかなどが書かれています。

Webマーケティングの実務や用語の解説本ではないため、 Webマーケティングの基礎をあるていど理解していて、マーケティングを既に活用できる方や企業担当者は比較的読み進めやすいです。

GAFAの考え方や戦略なども書かれているので、Webマーケティングを考える上での参考にもなり、世の中の流れを知る1冊としてもおすすめです。

タイトル

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

著者

スコット・ギャロウェイ  (著),渡会 圭子 (翻訳)

価格

1,980円(定価)

購入URL

Amazon

中級者におすすめの本④:電通デジタルのトップマーケッターが教える デジタルマーケティングを成功に導く10の定石

引用:電通デジタルのトップマーケッターが教える デジタルマーケティング 成功に導く10の定石 簡単に分かる売れ続ける仕組みをつくるツボ

この本は中級者以上の知識を持ったWebマーケターが、マーケティング施策を成功に導くために役立つ本です。

課題を10件抽出し、事例をもとにそれぞれ解決に適したデジタル施策を「10の定石」として示すデジタルマーケティングの活用書です。

広告大手の電通から出ており、大企業におけるマーケティングの実例を中心に、

  • カスタマージャーニーの把握
  • オウンドメディアやECサイトの運用
  • KGI/KPIの設定方法
  • SNS活用やコンテンツマーケティング
  • DMP
  • マーケティングオートメーション

などマーケティングツールの考え方や運用方法などが、わかりやすく書かれています。

一見、難しそうには見えますが、Webマーケティングの基本を生かした活用方法が書かれいてるため、応用が利きやすく実践にもつなげやすいです。

タイトル

電通デジタルのトップマーケッターが教える デジタルマーケティングを成功に導く10の定石

著者

丸岡吉人 他12名

価格

3,500円(定価)

購入URL

Amazon

中級者におすすめの本⑤:コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則

引用:コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則

本の著者であるフィリップ・コトラー氏は「マーケティングの神様」と呼ばれ、マーケティング研究者して大変有名です。

コトラー氏はかつてWebマーケティング業界の変化をそれぞれ

マーケティング1.0 「企業が販売する製品中心のマーケティング」
マーケティング2.0 「企業が製品を販売する顧客中心のマーケティング」
マーケティング3.0 「企業に関係する顧客、社員など人間中心のマーケティング」

と分類して説明してきました。

本書では最新のカテゴリである「マーケティング4.0」について説明されています。

マーケティング4.0では、コンテンツ・マーケティングやオムニチャネルなど、新しく主流になってきたマーケティング手法について詳しく解説しています。

Webマーケティングやコトラー氏をほとんど知らない方には少し難しいかもしれません。

しかし今後の展望に加えて、Webマーケティングだけでなくマーケティング全体の知識を深めることができます。

基本的な知識を取り入れて、より幅広い知識を深めたい方におすすめです。

タイトル

<コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則

著者

フィリップ・コトラー  (著), ヘルマワン・カルタジャヤ (著), イワン・セティアワン (著), 恩藏 直人 (翻訳), 藤井 清美 (翻

価格

3,500円(定価)

購入URL

Amazon

中級者におすすめの本⑥:マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方

引用:マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方

マーケティングオートメーションを利用している、利用したいという企業のカスタマージャーニー作成に役立つポイントが紹介されている本です。

カスタマージャーニーを使って課題の洗い出しをしっかり行うためにも、本書ではそもそもどのようにカスタマージャーニーを書くかを教えてくれます。

「カスタマージャーニー」とは消費者の購買行動プロセスを可視化したものであり、ECサイトのWebマーケター経験者であれば耳にしたことのある言葉でしょう。

そもそもマーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーとは何かから説明がはじまり、実際の企業の事例を用いながら、設計方法など詳しく解説されています。

カスタマージャーニーをしっかり学習して、マーケティングオートメーションで完成度の高いWebマーケティングを実現したいと思っている方にはおすすめの1冊です。

タイトル

マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方

著者

小川 共和  (著)

価格

1,738円

購入URL

Amazon

中級者におすすめの本⑦:ランディングページ・デザインメソッド WEB制作のプロが教えるLPの考え方、設計、コーディング、コンテンツ制作ガイド

引用:ランディングページ・デザインメソッド WEB制作のプロが教えるLPの考え方、設計、コーディング、コンテンツ制作ガイド

一般的なWebサイトの制作とはまったく異なる目的を持つランディングページの制作について、実践的かつ詳細に解説したランディングページの教科書です。

ランディングページは、さまざまな広告リンクから流入したユーザーに商品購入や資料請求といった行動を起こしてもらうコンバージョンを目的とします。

インターネット広告を効果的に活用するうえで、重要な存在です。

Webサイトとは異なり、単ページにすべての情報が集まっているため、一般的なWebサイト作成の過程とはまた違うデザイン・制作をしなければなりません。

冒頭では、ランディングページの実例をいくつか紹介しながら、なぜこのようなデザインがあしらわれ、構成されているかを紹介しています。

ランディングページならではの設計やデザイン、運用や改善などを具体的に解説しているため、一連の流れが掴みやすいです。

タイトル

ランディングページ・デザインメソッド WEB制作のプロが教えるLPの考え方、設計、コーディング、コンテンツ制作ガイド

著者

株式会社ポストスケイプ 著

価格

2,300円(定価)

購入URL

Amazon

中級者におすすめの本⑧:自社のブランド力を上げる! オウンドメディア制作・運用ガイド

引用:自社のブランド力を上げる!オウンドメディア制作・運用ガイド

本書はオウンドメディアが注目されはじめたが、自社のメディアを作成するにあたり、何から始めたら良いのかわからない企業担当者にむけて、オウンドメディアサイトについてを解説しています。

オウンドメディアの設計から、具体的なメディアの構築や記事の作成方法、運営方法をわかりやす説明しているのが特徴

商品、サービスのブランディングや販売、顧客の集客やサポートなどを目的に、大企業のみならず、中小企業やさまざまな法人団体でオウンドメディアの需要が非常に高まっています。

自社メディアを制作するにあたり、WordPressなどのCMSツールを利用したり、FaceboonkやTwitterなどのSNSを活用したケースが非常に増えてきているため、今後期待できる手法の1つです。

タイトル

自社のブランド力を上げる! オウンドメディア制作・運用ガイド

著者

深谷歩  (著)

価格

2,860円(定価)

購入URL

Amazon

中級者におすすめの本⑨:使えないとアウト! 30代からはマーケティングで稼ぎなさい (Asuka business & language book)

引用:使えないとアウト! 30代からはマーケティングで稼ぎなさい (Asuka business & language book)

ビジネス実務において役立つマーケティングの考え方、活用方法を身につけることができます。

本書のタイトルに「30代」という表記はありますが、基本的にはどの年齢が読んでも問題はありません。

この本はマーケティングの知識を得るための一般的なマーケティング本ではなく、実務上で活用することを念頭に置いて広く紹介しています。

また基本的な知識を得たうえで、マーケティングを使いこなすための思考法と情報収集・分析スキルも併せて解説しているため、マーケティングの全体像を掴むには最適の1冊です。

実践的な Webマーケティング能力を上げたい方におすすめの1冊です。

タイトル

使えないとアウト! 30代からはマーケティングで稼ぎなさい (Asuka business & language book)

著者

蛭川 速 (著)

価格

1,650円

購入URL

Amazon

中級者におすすめの本⑩:ストーリーマッピングをはじめよう

引用:ストーリーマッピングをはじめよう

消費者は、商品に共感する気持ちを抱かない限り、購入にはいたりません。

購入まで消費者をつなげるには、企業側・売り手側は商品購入までのユーザーの心を掴み、共感できるストーリーを論理的に構築する必要があるのです。

本書はそんな論理的な思考から考えるストーリー構築を始め、コンセプトやユーザーが求める価値や体験などを解説しています。

「第一印象づくりのためのコンセプトストーリー」
「ユーザーになってもらうためのオリジンストーリー」
「価値を体験してもらうためのユーセージストーリー」

この3種に分け、それぞれの観点をもとにユーザー体験をマッピングすることで、成功に導くための考え方と手法を紹介しています。

UXデザインという言葉に始めは抵抗を感じてしまう方もいるかもしれませんが、ストーリーをデザインすると考えれば比較的始めやすいかもしれません。

タイトル

ストーリーマッピングをはじめよう

著者

ドナ・リシャウ  (著), 高崎拓哉 (翻訳)

価格

2,530円(定価)

購入URL

Amazon

中級者におすすめの本⑪: メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識 (生きる技術!叢書)

引用:メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識 生きる技術!叢書

企業にとって、自分が持っている価値を訴求することはとても重要です。

そのため、企業は自らの広告運用や宣伝活動をWebメディアとして顧客に提供する「メディア化戦略」が必要となります。

企業は自らがメディア化し、自社の伝えたいことをユーザーに発信していくことが必須となっている現代では、メディア化戦略は必要不可欠です。

企業のメディア化戦略とは、魅力的なコンテンツを考察し、それにあたいするようなイベントを行ったりメディアを使って継続的にユーザーのためになる情報発信や交流会などを続けることで、ファンを育成することが目的です。

 本書では、メディアが発信するコンテンツの影響力、効果など現代のWebマーケティングについて理論的に解説されています。

タイトル

メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識 (生きる技術!叢書)

著者

小林 弘人 (著)

価格

1,628円

購入URL

Amazon

【上級者向け】Webマーケティングを学ぶのにおすすめの本

そして、最後に上級者向けに以下の7冊を紹介します。 

売れるスマホサイトの作り方と集客術
ユーザ中心ウェブビジネス戦略 顧客心理をとらえ成果を上げるプロセスと理念
だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる
Eコマース”売れる”チームづくりのポイント! ~着実に成長するための考え方、取り組み方~ (ECMJ流! Eコマースを勝ち抜く原理原則)
マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
新・消費者理解のための心理学
マーケティング戦略 第5版 (有斐閣アルマ)

こちらは専門的な知識や、Webマーケティングを活かした応用の効くノウハウを学びたい方におすすめです。

上級者におすすめの本①:売れるスマホサイトの作り方と集客術

引用:売れるスマホサイトの作り方と集客術

本書では、スマホサイトでの集客数をアップさせるための方法が解説されています。

サイトからの集客率を上げるための構築方法、集客例などをメインに紹介されています。

2015年からGoogleのモバイル検索では、スマホサイトがあるかないかによって表示される順位が変わるという新ルールが適用されました。

検索結果の順位は少し違うだけでユーザーの目に入る確率は非常に変わります。
そのため、いかにGoogleのモバイル検索で人の流れを自社のサイトに向けるかが重要となります。

レスポンシブデザインは当たり前とされている現在、PCサイト・スマホサイトではそれぞれWebマーケティングの手法を変えていくことも必要です。

このような変化にも柔軟に対応できるよう、スマホサイトを構築してスマホからの集客を開始したいという方や、企業におすすめです。

タイトル

売れるスマホサイトの作り方と集客術

著者

C&C株式会社 (著)

価格

300円(kindle版)

購入URL

Amazon

上級者におすすめの本②:ユーザ中心ウェブビジネス戦略 顧客心理をとらえ成果を上げるプロセスと理念

引用:ユーザ中心ウェブビジネス戦略 顧客心理をとらえ成果を上げるプロセスと理念

ユーザーの行動を細かく観察し、考察、分析したデータとあわせることで効果的なWebマーケティングを展開するための方法論を紹介している1冊です。

ユーザー側の思想、ユーザー行動観察の必要性、実施方法、得られる効果を軸にサイトのコンセプトを立案から構築後のPDCAサイクルによる検証まで、一環としてサイト構築の流れに沿って深く解説されています。

またWebコンサルティングのトップ企業によWebマーケティングの成功率をアップさせるための技法も理論的に解説されています。

  • 何をどうしたら使いやすいホームページになるのか
  • ユーザー目線のサイトとは

など疑問を抱えた方にもWebサイト設計から運用までの基本的な考え方もわかりやすく書かれています。

タイトル

ユーザ中心ウェブビジネス戦略 顧客心理をとらえ成果を上げるプロセスと理念

著者

株式会社ビービット (著), 武井 由紀子 (著), 三木 順哉 (著)

価格

2,860円

購入URL

Amazon

上級者におすすめの本③:だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

引用:だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

ユーザー視点にたって、ユーザーインターフェース設計(UI設計)や情報デザイン(情報構造の設計)をサイトのレイアウトやコンテンツ、 Webマーケティングの観点から解説しています。

Webマーケティングでは結果のみを重視するのではなく、顧客のニーズに応えることも大切なのです。

Webサイト制作のディレクションをする際、ユーザビリティやコンバージョンを最優先にして構成する方が多いですが、顧客はデザインを重視してしまい、話が進まないなんてことも少なくはありません。

このようなシチュエーションであっても顧客のニーズに応えられるためのヒントが紹介されています。

また、良い例・悪い例で述べた事例がさらに理解力を深めさせ、各テーマを詳細に掘り下げた解説記事もあるので、非常にわかりやすく読みやすい1冊です。

本当に使いやすいWebサイトは何かを論理的に学びたい方におすすめです。

タイトル

だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

著者

香西 睦  (著)

価格

4,120円

購入URL

Amazon

上級者におすすめの本④:Eコマース”売れる”チームづくりのポイント! ~着実に成長するための考え方、取り組み方~ (ECMJ流! Eコマースを勝ち抜く原理原則)

引用:Eコマース”売れる”チームづくりのポイント!: ~着実に成長するための考え方、取り組み方~ ECMJ流!Eコマースを勝ち抜く原理原則

Eコマースで成功するための組織論について紹介している本です。

成功するにはすべてのスタッフが、部署のトップや経営者に言われたことだけをやるのではなく、自ら判断し、施策を考え、実行できるチームを作らなければなりません。

本書はEコマースのチームを形成するまでのフローから形成後の目標設定等が紹介されています。

スタッフ全員による売上や業務成果の数値を把握し、いかにチーム全体が目標と結果に向き合えているかなどを細かく分析、解説しています。

チーム内で決めたことを徹底的にやりきることがビジネスの成功に繋がることを説き、正しい考え方や哲学を持ちながら長期的に実施することが重要です。

本書はEコマースのチームの成功だけではなく、チームのWebマーケティング力向上にも、またその人たちのビジネスや人生の成功の学びもできる哲学書のような1冊になり得ます。

タイトル

Eコマース”売れる”チームづくりのポイント! ~着実に成長するための考え方、取り組み方~ (ECMJ流! Eコマースを勝ち抜く原理原則)

著者

石田麻琴 (著)

価格

2,343円

購入URL

Amazon

上級者におすすめの本⑤:マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

引用:マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

これからの時代で必要な「本質的な価値」を、この本では「マーケット感覚」と呼んでいます。

この本はマーケット感覚の必要性についていろいろな価値創造の事例を交えて学習できる1冊です。

売れる商品の選び方などのWebマーケティングで必要とされる商品の見極め方が詳しく解説されています。

Webマーケターだけでなく、EC担当者、バイヤーにも参考になるでしょう。

  • “ジャパネットたかた”が本当に売っているものとは?
  • 英語の勉強はもう報われない!?
  • 羽田空港に国際線が復活した驚きの真相とは?

など、多くの人に馴染みのある言葉や、キャッチーなタイトル事例をそろえてあり、数多くある事例から興味のあるもの見つけ出すと良いかもしれません。

タイトル

マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

著者

ちきりん  (著)

価格

1,650円

購入URL

Amazon

上級者におすすめの本⑥:新・消費者理解のための心理学

引用:新・消費者理解のための心理学

この本は、人々はモノやサービスを消費する際に、何に刺激をうけ、どのように行動し、何を感じているのかなどの消費者行動を心理学から読み解く方法を解説しています。

消費者理解のための心理学」の初版が1997年に発行されており、本書はその改訂版となります。

  1. 消費者行動の概略
  2. 消費者行動の心学的メカニズム
  3. 消費者行動に影響する個人と外部環境要因

この3部構成で解説されているため、この本を読むことで Webマーケティングの知識と、心理学をうまくかけあわせて発生する新たな試みが生まれる可能性もあるでしょう。

すでに Webマーケティングの知識がある方は消費者側の心理を探り、他の企業とさらなる差をつけるチャンスとなるかもしれません。

タイトル

新・消費者理解のための心理学

著者

杉本 徹雄 (著)

価格

2,860円

購入URL

Amazon

上級者におすすめの本⑦:マーケティング戦略 第5版 (有斐閣アルマ)

引用:マーケティング戦略(第5版)

絶大なる信頼を得てきたマーケティング本の定番と言える「マーケティング戦略」の最新版です。 

市場の分析だけでなく「市場の選択」についても解説されており、成熟した市場と消費者行動のなかで生き残るためのポイントがさまざまなな章で解説されています。

中でもいかに市場を分析するか、いかに市場に適応するかを豊富な事例を取り入れてバランスよく、かつわかりやすく説明されています。

教科書のように読み進められるため、経営学を専攻している大学生や Webマーケティングの本質を改めて習得したい方、Webマーケターとしてステップアップしたい方にはおすすめの1冊です。

タイトル

マーケティング戦略 第5版 (有斐閣アルマ)

著者

和田 充夫  (著), 恩蔵 直人 (著), 三浦 俊彦 (著)

価格

2,200円

購入URL

Amazon

まとめ:Webマーケティングは自身のレベルに合ったものを選ぼう

Webマーケティングに関するおすすめの本を初級者・中級者・上級者向けに紹介してきました。

紹介した中でも特におすすめしたい本はそれぞれ以下の通りです。

【初心者におすすめ】
はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

初歩的な解説から始まり、Webマーケティングの仕組みまで学習できます。

【中級者におすすめ】
自社のブランド力を上げる! オウンドメディア制作・運用ガイド

自社のメディアを立ち上げるのに、Webマーケティングの知識はあるけど活用術がいまいちわからない方が読むべき1冊です。

【上級者におすすめ】
だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

Webマーケティングの実践的な知識と技量の他にも顧客などの要望をヒアリングし、さらに視野を広げられるWebマーケターを目指す方に読んでいただきたいです。

自分に必要なスキルや役割を見出し、本記事で紹介した本を是非参考にしてみてください。