• デジタルマーケティング
  • ブログ

デジタルマーケティングとは?活用できるチャネルや手法に触れながら徹底解説!

2021.08.18

デジタルマーケティングとは?活用できるチャネルや手法に触れながら徹底解説!

企業が顧客に製品を購入してもらったりサービスを利用してもらったりする上で欠かせない「マーケティング」。

これまでマーケティング活動はオフラインでおこなわれることが一般的でしたが、インターネットの技術が発展して広く普及したことでデジタルの活用が当たり前になりました。

ただ、デジタルマーケティングについてイマイチよく理解できていない・把握できていない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、デジタルマーケティングについて詳しく解説していきます。

「デジタルマーケティングとは?」などの基本的な部分から具体的な活用方法までわかりやすく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングは、デジタル技術を活用しておこなうマーケティングの総称です。

企業は自社の製品を購入してもらったりサービスを利用してもらったりするために、

  • 製品やサービスをユーザーに認知してもらう
  • 認知してもらった製品やサービスに興味をもってもらう
  • 興味を持ってくれたユーザーに売り込みをおこなって購入・利用してもらう

など、さまざまな取り組みをおこないますが、この一連の取り組みをマーケティングと呼びます。

デジタルマーケティングでは、

  • SEO(検索エンジン)
  • SNS
  • Web広告
  • Eメール

など、さまざまなデジタル技術を活用し、マーケティングを展開していきます。

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違い

デジタルマーケティングはWebマーケティングと混同されてしまいがちです。

実際、同じものと認識されている方も多いのではないでしょうか?

しかし、デジタルマーケティングとWebマーケティングは似てはいるものの、同じものではありません。

Webマーケティングは、その名の通りWebに特化したマーケティング手法です。

  • SEO(検索エンジン)
  • SNS
  • Web広告
  • Eメール

などを活用し、マーケティングを展開していきます。

一方、デジタルマーケティングの場合は、Webマーケティングで活用するものに加え、

  • スマートフォンやタブレットなどモバイル端末を使用しているユーザーの行動履歴
  • 地図アプリを通じて取得できるユーザーの位置情報や行動履歴
  • ネットワークにつなげて使用するloT商品から取得できる利用履歴

など、さまざまなデジタル技術を通して取得できるデータを活用し、マーケティングを展開していきます。

WebマーケティングはWebに特化した手法で、デジタルマーケティングはWeb以外のデジタル技術やデータも活用し、よりユーザーとの関係性を深めていくタイプの手法です。

デジタルマーケティング重要性が高まっている3つの理由

デジタルマーケティング重要性が高まっている3つの理由

デジタルマーケティングの重要性が高まり、業種を問わずさまざまな企業が取り入れている背景にはいくつか理由があります。

代表的な3つの理由について解説していきます。

理由1. スマートフォンやタブレットが広く普及したから

デジタルマーケティングに取り組む企業が増えた理由は、インターネットの技術が発展し、スマートフォンやタブレットが広く普及したためです。

スマートフォンやタブレットが登場し、普及する前までは、インターネットへの接続はパソコンでしかおこなえませんでした。

当時のパソコンは価格が高く、所有していない家庭も珍しくなかったため、デジタルマーケティングの重要性はそこまで高くありませんでした。

しかし、スマートフォンやタブレットが登場して普及したことで時間や場所を選ばず誰でもインターネットを通して情報が得られる形に変化していったため、デジタルマーケティングの重要性が急激に高まったわけです。

理由2. ユーザーの情報の取得方法と行動が変化したから

ユーザーの情報の取得方法の変化と情報を取得した後の行動の変化も、デジタルマーケティングの重要性が高まった理由の一つです。

インターネットの技術が発展しスマートフォンなどのモバイル端末が広く普及する前までは、

  • テレビ
  • ラジオ
  • 新聞
  • 雑誌

など、ユーザーが情報を得る手段が限られていました。

一方、誰でも気軽にインターネットにアクセスできる今では、多くのユーザーがオンラインで情報を収集します。

総務省が公開しているデータによると、全世代の70%以上が、商品やサービスの情報を収集する際にインターネットを活用していると回答しているほどです。(参考:総務省「第1部 ICTの進化を振り返る」)

また、通販サイトが充実したことで買い物をオンラインで完結させるユーザーが増えるなど、情報収集をおこなった後の行動にも変化が見られ始めています。

オンラインで行動を完結させるユーザーは今後も増えていくと予想されますが、デジタルマーケティングをおこなっていないとユーザーを取りこぼしてしまう可能性があります。

情報の収集や商品の購入がオンラインで実現できる時代に変化したからこそ、ひとりひとりに合わせたマーケティングである「One to Oneマーケティング」の必要性が高まっており、それを実現できる手法がデジタルマーケティングです。

理由3. データが取得でき改善がおこないやすいから

データが取得でき、そのデータを確認しながら分析や改善がおこなえるのも、デジタルマーケティングの重要性が増した理由の一つです。

これまで主流だったオフラインでのマーケティングは、データが取得しにくく、分析や改善をおこなうのに不向きでした。

ユーザーの反応やアンケートでその施策の成功や失敗の判断は可能ですが、細かなデータは取得できていませんでした。

一方、デジタルマーケティングでは、ツールを活用してデータの取得が簡単におこなえます。

取得できるデータはツールによって異なりますが、代表的なアナリティクスツールであるGoogle Analyticsでは、

  • 流入元
  • 訪問したユーザーの行動履歴
  • 滞在時間や離脱率などのデータ
  • ユーザーの属性

など、さまざまなデータが取得できますし、閲覧可能です。

細かなデータが取得できれば、分析がしやすくなり、精度の高い改善や次の施策がおこなえます。

より効率的・効果的なマーケティングがおこなえるため、企業はデジタルマーケティングを重視し始めたわけです。

デジタルマーケティングに活用できるチャネル

デジタルマーケティングに活用できるチャネル

デジタルマーケティングの重要性を改めて認識し、取り組み始める場合、把握しておきたいのは活用できるチャネルについて。

チャネルは、マーケティングに活用できる媒体です。

集客経路とも言い換えできます。

デジタルマーケティングに活用できる代表的な4つのチャネルについて解説していきます。

チャネル1. SEO(検索エンジン)

デジタルマーケティングに取り組む場合、核となるのがSEO(検索エンジン)からの集客です。

SEOは自社のWebサイトを検索結果に最適化させるためにおこなわれる取り組みです。

例えば、インテリア製品の販売をおこなっている会社が、

  • 「インテリア 通販」
  • 「テーブル 通販」
  • 「ソファ 通販」

などの検索キーワードで自社のWebサイトを検索結果の上位に表示させるためにコンテンツを作って発信するなどの施策によって集客を図っていきます。

見込める流入の数はどういったキーワードで上位表示するかによって異なりますが、月に数万~数十万のアクセスが生まれるケースも少なくないため、SEOはデジタルマーケティングにおけるチャネルの核と言えるわけです。

チャネル2. SNS

TwitterInstagramなどのSNSも、デジタルマーケティングにおける重要なチャネルの一つです。

自社の製品やサービスに関する情報を投稿し、ユーザーにアピールしていきます。

また、最近では、製品やサービスの紹介だけでなくSNSをコンテンツマーケティングに活用するケースも増えてきています。

幅広い層にアピールできるコンテンツを作って潜在顧客に製品やサービスを認知させ、そこから段階的に売り込みをかけていくわけです。

SNSには、拡散力の高さやユーザーとのコミュニケーションが取りやすいなどの強みがります。

そのため、SNSに特化してマーケティングを展開したり、SEOとSNSを併用して運用したりする企業も増えています。

チャネル3. Web広告

これからデジタルマーケティングに取り組むのであれば、ぜひ取り入れてほしいのがWeb広告です。

これまで紹介したSEOやSNSはプル型のマーケティング手法です。

こちらから積極的にユーザーに製品やサービスをアピールするのではなく、ユーザーに見つけてもらうタイプのマーケティング手法であるため、効果が発揮されるまで時間がかかります。

一方、SEOやSNSとは異なり、ちらから積極的にユーザーにアピールしていくプッシュ型のマーケティング手法がWeb広告です。

代表的な広告の種類には、

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • 動画広告
  • SNS広告

などがあげられますが、こちらからユーザーに向けて積極的にリーチするため、早い場合だとその日のうちに効果が得られるケースもあります。

広告を出稿するにはお金がかかりますが、Web広告はデータを元に出稿できるため精度が高く、効果が期待できます。

チャネル4. Eメール

Eメールもデジタルマーケティングで活用されるチャネルの一つです。

メールマガジンに登録してくれたユーザーに対し、

  • 新製品や新サービスの情報
  • 既存の製品や既存のサービスの情報
  • セール情報
  • キャンペーン情報

などを配信していきます。

メールでのマーケティングは、製品やサービスに興味を持ったことでメールマガジンに登録してくれたであろうユーザーに対しておこなわれるマーケティングであるため、高い効果が期待できます。

まとめ:デジタルマーケティングとはデジタル技術を活用するマーケティング手法

デジタルマーケティングとはデジタル技術を活用するマーケティング手法

デジタルマーケティングは、デジタル技術を活用し、製品の販売やサービスの利用者の増加につなげるマーケティング手法です。

よく似たマーケティング手法であるWebマーケティングと混同されてしまいがちですが、デジタルマーケティングの方がよりさまざまなデジタル技術をマーケティング活動に取り入れていく点が大きく異なります。

データを活用できる主なチャネルは、以下の4つがありました。

  • SEO(検索エンジン)
  • SNS
  • Web広告
  • Eメール

これまで一般的だったオフラインでのマーケティングとは異なり、データを確認しながら改善に取り組めるため、非常に効率的です。

無料で使えるツールもあり、直感的に操作できるツールも存在するため、ぜひスタートさせてみてはいかがでしょうか?

また、デジタルマーケティングをプロにサポートしてもらいながら進めていきたいと考えている場合は、ぜひ弊社にサポートさせてください。

私たちテクロ株式会社は、伴走型のWebマーケティングが得意な会社です。

ぜひ一度「お問い合わせ」からご相談ください。